風夏の続編2期の放送日はいつ?蒼井風夏と電光リベリオンネタバレ!

2017年1月期より放送が開始したアニメ『風夏』

週刊少年マガジンで連載中の瀬尾公治先生の同名作品をアニメ化とした今作は、2017年1月期のアニメの中でも非常に注目された作品となりました。

何が注目されたかと言えば、やはりヒロインの秋月風夏の事故ですね。

 

さて今回の記事では、風夏の続編2期の放送日ついてご紹介していこうと思います。

更に2期のネタバレもご紹介していきますので最後までゆっくりとご覧になって下さいね。

 

スポンサーリンク

 

風夏の続編2期の放送日はいつ?

さてさて2017年冬より放送が開始された『風夏』ですが、続編2期は放送されるのでしょうか?

この記事を書いている2017年3月17日の時点では、11話まで放送されました。

『風夏』は1クール12話放送と予想されていますので、十分2期の放送日の予想は可能です。

 

さてさて『風夏』の続編2期の放送日を予想するにあたって参考にすべき項目はこちらです。

・『風夏』の原作ストック数

・『風夏』のアニメ円盤の売上

 

これらを参考にして、これから『風夏』の続編2期の放送日に予想をしていきたいと思います。

 

風夏の原作ストック数について

さてさて2017年2月12日現在、週刊少年マガジンで連載されている『風夏』は単行本14巻まで発売されています。

アニメ放送時期と同時期の発売となったため、次巻15巻の発売はアニメ終了後になるでしょう。

 

そしてアニメ『風夏』では単行本の7巻の半分までの放送と予想します。

そのあたりも後ほどご紹介します。

 

ということで原作のストックは7,5冊程度あることになります。

 

風夏の円盤の売上について

今のところは、風夏の円盤の売上については言及することが出来ません。

 

ただ、瀬戸康史先生作品の『君のいる街』は1巻あたり約5000枚の売上を記録しています。

これは続編2期を決定するボーダーラインギリギリの数字です。

ただ、君のいる街は1期放送終了後、原作ストックはあったのですが結局続編2期の放送はしませんでした。

 

その代わりに『風夏』のアニメ化がされたと考えて下さい。

『風夏』も同じような売上を記録できると仮定するならば、続編2期の可能性は十分ありえます。

『君のいる街』は原作の単行本が20巻頃にアニメ化が決定して、中途半端な10巻辺りからの放送でした。

そして放送終了してからしばらくして週刊少年マガジンで連載が終了しました。

そこで新連載『風夏』を始めたから、こうして代わりに『風夏』をアニメ化したのでしょう。

 

ということは、『君のいる街』は異例で続編2期が無かったと考えれば、『風夏』の続編2期の可能性は非常に高いです。

 

原作ストックと円盤の売上での2期考察まとめ

さてさて簡単にですが『風夏』の続編2期の可能性について触れてみました。

・原作ストックは十分あるため、続編2期の可能性は高い。

・『君のいる街』の円盤の売上がボーダーラインを超えていたため、続編2期の可能性は高い。

 

以上の2つの観点からも、続編2期の可能性は高いとわかったので、『風夏』の続編2期の制作は期待して問題ないでしょう!

 

スポンサーリンク

 

風夏の続編2期のネタバレ

 

アニメ『風夏』は、風夏が事故に合いそうになりますが、危機一髪のところで助かりました。

これは原作とは明らかに異なる展開ですね。

それに榛名は小雪と交際していますし、どんどん原作とかけ離れた展開になっています。

ですが、11話になり原作と類似した展開を見せてくれました。

それはアニメでは『The fallen moon』は風夏が事故によって解散したわけではなく、風夏がソロ活動を行うことによって解散するという展開に。

でも榛名は、それでも『The fallen moon』を解散させないために、風夏以外の3人乗メンバーを再び集結させる。

残るは風夏のみ。

それは12話の展開次第ですが、まず間違いなく風夏は『The fallen moon』に戻るでしょう。

アニメと原作、すこし展開は違うのですが、ここからは原作のネタバレ(風夏の事故のその後)をご紹介していきますので、興味のある方は是非続きをご覧になって下さい。

 

蒼井風夏が登場!

『風夏』というタイトルなのに、秋月風夏というヒロインが退場してしまいましたが、それでもきちんと『風夏』というタイトルを貫いているのがこの作品です。

新たに蒼井風夏というキャラが登場します。

秋月風夏とは容姿が違いますが、それでも音楽の才能や雰囲気は秋月風夏とどことなく似た印象があります。

2期では、蒼井風夏やルバート、ラビッツというライバルと競う展開になります。

 

電光リベリオンに参加!

若手バンドが集まるライブに『The fallen moon』と蒼井風夏は見事第1審査に合格し、出場することが決定する。

だが、そのライブは『ルバート』というバンドが優勝するという結末が決められていた出来レースだということを主催者である最上彰から榛名と蒼井風夏は聞かされる。

その発言に対して、榛名はルバートよりいい演奏をしてみせると断言する。

 

最初にステージに上ったのは蒼井風夏。

その演奏は見事なものだったのだが、演奏終了後に最上彰が登場し、蒼井風夏のバンドに対してやんわりとダメ出しを突きつけた。

その言葉に蒼井風夏は耐えられず、ステージから姿を消す。

 

次は榛名達『The fallen moon』の出番。

最上彰の陰謀に屈しないために、榛名達が選んだ答えは、演奏前に棄権するというものだった。

ただで落とされるくらいなら、こっちから辞めてやるという覚悟。それでも最高の演奏を届けてやるという気持ちだった。

その気持は観客にまで届き、アンコールまで求められるほどに熱狂を呼ぶものだった。

 

榛名達のライブは成功に終わり、続く『ラビッツ』というバンドも最高の演奏を終えた後に棄権をする。

『ラビッツ』も今後を争うライバルとなる存在です。

その正体は、、、。

今は伏せておきましょう。

 

ライブ終了後、蒼井風夏と榛名達は最上彰に事務所へ勧誘される。

ただし条件は、蒼井風夏のみが『The fallen moon』に加入するというものだった。

だが、榛名たちはそれを即断るのだった。

 

スポンサーリンク

 

那智が卒業。榛名たち3人は中退。

那智先輩は卒業を迎え、榛名たち3名は那智先輩にサプライズを考える。

そこで用意したサプライズは『新しいスティック』

那智先輩のスティックは古かったこともあり、ここで心機一転、新しいものをサプライズにプレゼントしました。

 

それに那智先輩も驚いたが、すこし浮かない表情。

何故なら、那智先輩はここで卒業し、バンド一本で続けていくのだが、榛名たちはまだ学生であるためバンドが失敗しても別の進路が用意されているからだ。

だが、榛名たちはそんな事を考えてはいない。

那智先輩にだけリスクを負わせるわけには行かないということで、自分たちも学校を辞めるという事を選んだのだった。

 

The fallen moonと蒼井風夏が天谷事務所に所属!

学校を卒業(3名は中退)したThe fallen moonの4人は、まず事務所に入ることの重要性を知る。

沙羅と三笠は知っていましたが、そのへんの知識に疎い那智と榛名は焦る。

しかしそこにThe fallen moonを預かると言ってくれた事務所の社長・天谷の言葉に乗せれられて、天谷事務所に所属する。

だがそこは、知る人ぞ知る悪徳事務所だ。

無理な要求をして、それが達成できなかったらその分の代償を支払わせたり、ライブハウスを借りるのも自腹。

 

天谷社長に課せられたのは『Q-EAST』に半年以内で満員(1300人)にすることであった。

ヘッジホッグスでも『Q-EAST』を満員にするのに2年近くかかったそうなので、相当きつい課題である。

 

まさに悪徳事務所である。

 

スポンサーリンク

 

2期以降の展開!

さてここからは2期以降の展開を少しご紹介していこうと思います。

まず、重要となるのが『蒼井風夏』

彼女が今後の物語を大きく左右していくことになります。

秋月風夏がトラック事故に合ったのですが、実はそのトラックを運転していた男の娘が蒼井風夏だったのです。

 

一時は蒼井風夏を『The fallen moon』に加えるという事も考えていたメンバーだったのだが、これを知ったことにより、青い風夏を入れることが躊躇われてしまう。

当然ですね。

だが、それを知られたというか、秋月風夏がもともと『The fallen moon』のメンバーだったということを知った蒼井風夏は事務所を辞めた実家に帰ってしまう。

自分の身内が秋月風夏をあんな目に合わせてしまったのに、その秋月風夏が好きだった人を好きになったり、秋月風夏が好きだった人のお揃いのキーホルダー勝手にもらってしまったり、秋月風夏が所属していたバンドに入ろうとしてしまったり、そんな自分勝手な行動に蒼井風夏は自分を攻めてしまい責任を感じて、もう二度とバンドをしないと誓う。

だが、それでも榛名は蒼井風夏を引き留めようと、実家にまで足を運ぶ。

そこで蒼井風夏と出くわすのだが、蒼井風夏は逃げ出してしまう。

 

そして蒼井風夏は信号を飛び出してしまい、秋月風夏と同じようにトラックに引かれてしまう。

そう思ったのだが、ギリギリ榛名が飛びつき蒼井風夏を救う。

秋月風夏の時は、救うことができなかったが、蒼井風夏は救うことが出来たのだ。

そして榛名は言う。

だが、そこに那智先輩たち3人が現れ、否定する。

蒼井風夏を『The fallen moon』に入れることは出来ないと。。。

 

そして新バンド『blue wells』が結成する!!

 

榛名と結ばれるヒロインについても考察しています。

風夏・榛名優と結ばれるヒロインは?氷無小雪エンドと蒼井風夏エンド!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here