福岡・博多駅前の陥没(シンクホール)の復旧期間はいつ?交通状況は?

2016年11月8日5時頃に、福岡・博多駅前の道路に約30mの陥没(シンクホール)が生じました。

時間帯もあり、奇跡的に負傷者けが人はいません。

けれど、その被害は大きく、交通状況に致命的なダメージを負わせました。

 

今回の記事では、

福岡・博多駅前の陥没(シンクホール)の復旧期間はいつ?

交通状況・渋滞状況は?

についてご紹介します。

最後までどうぞご覧になってください。

 

スポンサーリンク

 

福岡・博多駅前の陥没(シンクホール)の復旧期間はいつ?

甚大な被害を被った今回の陥没(シンクホール)。

これは一体何が原因だったのでしょうか?

それは、地下鉄工事の堀削。

業途中に突然水が流れ込んできた為作業を一旦中断したところ、突然道路の崩壊が始まったそうです。

 

負傷者けが人はいないことが幸いでしたが、やはりあまりにも衝撃的過ぎる自体ですね。

老朽化というのも可能性としてはありますが、

そう言ってしまうと、他の道路にもこのような危険があると考えることも出来てしまうので、日常生活を平然と平凡に過ごすのも怖くなってしまいます。

 

さて、福岡・博多駅前の陥没(シンクホール)の復旧はいつになるのでしょうか?

直近で考えられる期間については、これはもう『長期間に渡る』ことになるのは間違いありません。

復旧工事自体は早急に取り掛からなければいけないことは明白ですが、その際、立入禁止ですし、そもそも通れないので、交通状況が今までと大きく異なることになります。

その点については、次の見出しでご紹介します。

 

修理費用や、近辺のコンビニ休業に伴ってのことや、住宅への被害の可能性も含めての損害賠償の金額も馬鹿になりません。

三菱自動車の燃費不正に並ぶほどの金額が飛び交うことにはならないとは思いますが、数億といったお金の動きが見られることは予想されます。

それにしてもやはり、今回の事故は大きすぎました…

 

スポンサーリンク

 

交通状況・渋滞状況

今回の陥没(シンクホール)事故はJR博多駅前のはかた駅前通りです。

大通りということもあり、当然交通量も多いことからしばらくは渋滞することが予想されますね。

 

先ほどもお話したとおり、復旧までに相当な期間を要することになるので、交通状況的に長期間渋滞してしまいそうです。

別の道から行くことになりますが、それでも、皆が皆その道を行くことになるので、想像以上の渋滞になります。
通勤時は、今までよりも早く家を出ることをオススメします。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here