藤井四段のリュック(カリマー)の在庫と購入方法は?販売店は楽天?

皆さんこんにちは!

 

藤井四段が現在最高に注目を集めていますね。

身につけているものや生活習慣までも何もかもが話題となっているため、藤井四段が使用しているもののほとんどが爆売れ状態という、まさに『藤井四段ブーム』が到来しています。

 

今回の記事では、藤井四段が愛用している水色のリュックの在庫と購入方法についてご紹介していきます。

販売店についてもご紹介していきますので、最後までゆっくりとご覧になて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

藤井四段が愛用しているリュックについて

藤井四段は対局の際、必ず愛用しているリュックを持って現れていますね。

それがこちら。

『カリマー』というブランドの水色のリュックです。

こちらのリュック、なんと三年間愛用しているということで、藤井四段って物を大切にする人なんだなって感じますね。

幼い頃から積み木立体パズル『キュボロ』も大切に遊んでいたり、恐らく両親に狩ってもらったであろう中学生らしい『バリバリテープ財布』を大切使用し続けたりと

藤井四段はただ将棋が強いだけではなく、そういった人間性の魅力があるからこそ、大きく人気が出ているんじゃないかなと思っています。

 

『カリマー』は米国のアウトドアブランドで、藤井四段が使用しているのは防水で『Kブルー』という色らしいですよ。

藤井四段は物欲がないためか、リュックもこれしか持っていないそうです。

というか、僕もリュックは一つしか持っていないので、それが普通なんじゃないかなと思っているのですが、意外と複数持ちの人って多いらしいですね。

 

藤井四段の『カリマー』リュックの中には、扇子、ペットボトルのお茶、チョコレート、保冷バッグの他にバリバリテープ財布が入っているそうですよ。

変に高級なものが入っていないので、その点は非常に親近感がわきますね。

対局に不必要なものは持ち運ばないって感じでしょうか?

そもそも物欲がないと本人が言っていた気がするので、これが自然体なんでしょうね!

 

藤井四段が愛用の『カリマー』のリュックの在庫と購入方法!販売店は楽天?

さてさて、それでは本題に入っていきたいと思います。

藤井四段が愛用しているリュック『カリマー』の在庫や購入方法についてです。

在庫に関してですが、藤井四段が愛用していたモデルのリュックは現在爆売れしたために品切れとなっています。

そのことで多くのファンが販売会社に電話をしたらしいのですが、残念ながら再入荷の予定はないということです。

というのは、最新モデルが続々と登場しているため、藤井四段が使用している古いモデルを作ることが出来ないというわけですね。

 

なので今回の記事では、藤井四段が愛用していた『本物』のリュックはご紹介することが出来ないのですが、最新モデルであれば見つけましたのでご紹介いたします。

 

 

 

こちら『カリマー』の最新作です。

最新作と言ってもレビューを見る限りでは2016年モデルといったところでしょうか。

藤井四段が使用していたリュックの『Kブルー』というカラーはなかったのですが、その色に一番近いであろう『ティール』というカラーが有りましたので、類似品ということで購入を検討している方は、是非『ティール』カラーをご検討下さいね!

 

URLをクリックしていただければ楽天に飛びますので、アマゾンでの購入を考えていた方はアマゾンで『カリマー リュック』と検索していただければ同じような商品が出てくると思いますので、是非アマゾン利用者はそちらでお願いします。

 

まとめ

さてさてここまでご覧いただきありがとうございます。

藤井四段が実際に使用している『カリマー』のリュックの在庫は残念ながらないようでした。

以前のモデルということで、再販することは無いそうなので、藤井四段が使用していたリュックを使いたいと考えていた方、お子様に同じものを購入してあげたいと考えていたご両親は、最新モデルの購入を検討していただければなと思います。

藤井四段が使用していたリュックのカラーは『Kブルー』でしたが、その色は最新モデルにはないので、一番近いカラー『ティール』が良いかなと思いますよ。

 

藤井四段が使用していたものは、どんなものであれ確実に注目を集めていきますね。

最近、藤井四段にまつわることが面白いなって思ったのは、藤井四段が注文した『豚キムチうどん?』を店の方が運んでくる時に四方八方から店員さんが報道陣に囲まれていたことですかね?笑

それを写真で見た時は爆笑してしまいました。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

PS.藤井四段の連勝記録はどこまで続いていくんでしょうか?

出来ればこのまま『生きる伝説』として、デビュー後から引退まで負けなしという誰も破ることの出来ない大記録を作って欲しいですね!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here