藤井四段のおもちゃ・立体パズルキュボロの在庫は?代用品と類似品も!

皆さん、こんにちは!

史上最年少プロ入り後、負け無しの藤井聡太四段。

その快進撃が非常に話題となっていますが、同時に藤井聡太四段が幼い頃から遊んでいたおもちゃ・立体パズル『キュボロ』が非常に人気となっています。

今回の記事では、藤井聡太四段が遊んでいた積み木のおもちゃ・立体パズル『キュボロ』の在庫についてご紹介します。

さらに類似品および代用品として扱えそうな立体パズルもご紹介しますので、最後までゆっくりとご覧になて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

藤井四段の立体パズル・キュボロの在庫は?

先日、加藤一二三九段が引退ということもあり、今年に入ってからは将棋界が非常に話題となり、事ある事に大きく注目を浴びる機会が多くなりましたね。

特に注目を浴びているのは、史上最年少でプロデビューをして、いまだ負け無しという天才中学生『藤井聡太四段』です。

学校に行っているのか?と疑問視されますが、藤井四段はしっかりと中学校にも通い、勉学と将棋を両立しているそうです。

 

さてさて、それでは本題に入っていきましょう!

藤井四段が幼いころから愛用しているという積み木のおもちゃ・立体パズル『キュボロ』。

その在庫は現在、どうなっているのでしょうか?

 

結論から言わせていただきますと、立体パズル・キュボロは、現在品切れ中でございます。

再入荷時期も決まっているのですが、そちらは予約しなければ手にはいりません。

それだけ藤井四段効果で人気が出ている商品なんですよね。

再入荷分を予約したとしても手に入るのは2018年の春以降となります。

予約は下記のリンクからできますので、遅くなってもほしいという方はご覧になって下さいね。

 

ただ、積み木のおもちゃ・立体パズル『キュボロ』は最初は20000円程度だったのですが、藤井四段効果で40000円前後まで値上がりしています。

あまりにも高額になっているので、なかなか購入するのは躊躇ってしまいますよね。

キュボロを購入して子供にやらせたとしても藤井四段みたいに頭の回転が凄まじくなる!とまでは言い切れないのですが、それでも総統な効果を発揮すると言われています。

脳科学的にもキュボロと将棋は共通点が多いという。「キュボロで遊んでいる時と、詰め将棋をしている時の脳の血流の動きが同じとする研究結果があります。将棋の終盤の局面で必要とされる直感は脳の中で『大脳基底核』という部分がつかさどっているとされますが、キュボロもその部分を活性化させる作用があります」(藤田さん)。

藤井四段の活躍の報はキュボロ社にも届いている。この立体パズルを考案した同社のエッター社長は「キュボロの本質が子供に良い影響を与える良い例だ」と喜んでいるという。

引用:ライブドアニュース

引用文を見ても分かる通り、キュボロは本質的に子どもに良い影響を与えると分かりますね。

 

だからこそ、藤井四段が使用していたと言われている立体パズル『キュボロ』が非常に売れているんですね!

 

キュボロの代用品

『キュボロ』が子供に良い影響を与えることは分かりましたが、それでもやはり高額なので手が出せないというご両親は多くいると思います。

そこで今回、キュボロの代用品として扱えるのでは?と思った商品を1つご紹介します。

 

 

 

立体パズル・キュボロと同じとまでは行かないのですが、それでもお子様向けのキュボロ。

こちらのキュボロは、ボード上で行われ、できるだけ長くビー玉を転がすというゲームです。

詳しい内容はリンク先の商品の説明欄に記載されていますので、興味があればご覧になって下さい。

 

キュボロの類似品

お次はキュボロの類似品をご紹介します。

キュボロはビー玉が転がるように積み上げ組み合わせて楽しむおもちゃですが、今回紹介するのはただ積み上げる『積み木』です。

 

 

値段はキュボロの倍以上になっているのですが、小さいお子様には寧ろこういった高く積み上げる系のおもちゃのほうが嬉しかったりもします。

僕が頭を使うおもちゃよりかは、単純なおもちゃのほうが好きだったため、意見が偏ってしまっているのかもしれませんが笑

 

なので、藤井四段みたいに子供の頭をよくしたいという方はやはりキュボロをオススメしますが、そうでなくただ楽しんで欲しいだけであればこういった積み木もありなのでは?と思っています。

キュボロは頭を使いますが、作成している最中は当然楽しいですし、作成後にビー玉がしっかいりとゴールまで到達した時の達成感は言葉に出来ないぐらいの感動なので、一番のオススメは当然キュボロです!

 

ぜひ、お子様の趣味嗜好に合わせたおもちゃを購入してあげて下さいね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here