『ジョジョ』ホルマジオのスタンドの能力は?強さをまとめてみました

みなさんこんにちは!

 

『ジョジョ』第5部のキャラクター『ホルマジオ』と、そのスタンド『リトル・フィート』ついてまとめました!

それでは最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

 

※この記事にはネタバレが含まれています。

 

スポンサーリンク

 

ホルマジオとはどんなキャラクター?

ホルマジオは、『ジョジョ』第5部『黄金の風』に登場する敵キャラクターです。

ギャング集団「パッショーネ」に所属しますが、パッショーネを乗っ取るために、パッショーネのボスの娘を拉致してボスの正体を探ろうとした裏切り者の『暗殺チーム』の一人です。

縦線のハゲがある坊主頭が特徴です。

 

口癖に「しょうがねーなあ」というものがあります。

猫と遊ぼうとしているシーンがあるので、猫好きかもしれませんね。

 

ホルマジオのスタンドは?

リトル・フィート

ホルマジオのスタンドは『リトル・フィート』です。

攻撃に使う人差し指に長い爪がついています。

大きな耳(?)がトイプードルみたいで可愛いですね。

 

能力パラメータは
【破壊力 – D / スピード – B / 射程距離 – E / 持続力 – A / 精密動作性 – D / 成長性 – C】
となっています。

 

スポンサーリンク

 

リトル・フィートの能力は?

リトル・フィートは、人差し指で切った相手を徐々に小さくしていきます。

一度切られたら射程距離に関係なく、相手はどこまで逃げても無限に縮んで行きます。

縮めた相手がスタンド使いであれば、スタンドのサイズとパワーも一緒に小さくなっていきます。

 

ホルマジオ自身の体も小さくすることができ、敵のポケットに忍び込み、敵の動向を探ることができます。

物を小さくする時はエネルギーを使うために時間がかかりますが、その物を元の大きさに戻すことは一瞬で可能です。

他のヤツからは「くだらねー」能力だと言われているそうですが、それは使い方次第だとホルマジオは返しています。

 

ホルマジオとリトル・フィートの作中での活躍は?

ホルマジオは、ボスの娘「トリッシュ」を拉致するために、トリッシュを守る任務につく5部のキャラクター「ナランチャ」と戦います。

ホルマジオは、買い物に来ていたナランチャの車に、(おそらく自分の身を小さくして)いつの間にか忍び込んでいました。

さっそくナランチャを切りつけました。

 

リトル・フィートの能力が発動して、ナランチャはどんどん小さくなっていきます。

自分自身も小さくして、ナランチャのポケットに隠れて様子をうかがっていたホルマジオですが、ナランチャのスタンド「エアロスミス」の追跡能力により、隠れていた場所がバレてしまいました。

(この時の小さいホルマジオは、ナランチャいわく「スゲーチッポケだなぁー!」とのことです。)

その後、元の大きさに戻ったホルマジオは、縮んだままのナランチャを「蜘蛛」と一緒にビンの中に閉じ込めます。

この蜘蛛に噛まれたらナランチャは体に毒がまわって死んでしまいます。

 

さらに、ナランチャからの持ち物から、ボスの娘「トリッシュ」がいる場所も特定したホルマジオは勝利を確信します。

…が、ビンに閉じ込められる前に、ナランチャがエアロスミスで攻撃していた車が炎上し、ホルマジオの体も炎に包まれます。

 

(この時の、ナランチャの姿も元の大きさに戻りました)

ホルマジオは自分の手首を切ってから、自分自身をリトル・フィートで小さくしました。

血で体にまわった炎を消すためです。

小さくなったまま逃走しようとするホルマジオですが、ナランチャは今度はエアロスミスで周りの道路中に放火します。

これだと、小さくなったホルマジオの体はすぐ火に覆われて焼けてしまいます。

ホルマジオは慌てて元の大きさに戻りました。

 

いよいよここで最後の一騎討ちです。

互いの拳を打ち合った所、ナランチャが勝ちました。

ホルマジオは炎の中に倒れ、そのまま再起不能になりました。

ホルマジオの仲間がこれからはナランチャ達に襲い掛かるということを暗示した言葉を残して…。