ヒロアカの荼毘の正体は轟焦凍の兄弟?本名と個性をネタバレ考察!

皆さんこんにちは!

週刊少年ジャンプで連載中の『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』は、考察できる部分がたくさんありますね。

特に、ヒロアカに登場する『荼毘』が轟焦凍の兄弟なのでは?という予想が多く出回っています。

 

今回の記事では、『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』のヴィラン連合所属・荼毘の正体が轟焦凍説について考察していきたいと思います。

さらに、本名と個性についてもネタバレ考察していきますので、最後までゆっくりとご覧になってくださいね。

 

Sponsored Links

 

ヒロアカの荼毘の正体は轟の兄弟?

それでは何故、荼毘の正体が轟と予想されているのでしょうか?

いくつか考察の予知があったので、ご紹介していきます。

 

荼毘の個性が炎系

荼毘の個性発動シーンですが、どう見ても轟の炎と類似していますね。

荼毘が個性を発動した時に、トゥワイスが「冷た!」と言っていたので、

炎なのに冷たいのはエンデヴァーと母親の個性がしっかりと別の形で継承されているからかなと考察できたのですが、

その後、轟の氷を喰らった時に「熱っ!」と言っていたので、そう言えばトゥワイスは反対のことを言うんだったなと思いだしました。

ややこしいよ!

 

ただ、作者がそう考察させるためにあえてこういう描写を描いていたのだとしたら、やはり荼毘と轟には何かしらの関係性があるのではないかと思います。

 

トゥワイスが荼毘の個性についての温度を言及したことで、間違いなく荼毘の個性が『炎系』という事が分かりました。

エンデヴァー曰く、轟焦凍以外は失敗作なので、炎しか継承しなかった荼毘は失敗作ということでしょう。

 

轟には兄弟がいる

轟には兄弟がいるということが序盤から明らかになっています。

ただ、その兄弟が描かれているシーンには荼毘の姿は写っていません。

 

漫画だと色が分かりづらいのですが、轟は赤髪に対して、荼毘は黒髪です。

 

当時はまだ轟家にいたのか、当時からいなかったのか。

 

Sponsored Links

 

轟との因縁?

緑谷とマスキュラーの戦闘シーンで「リスト」という単語が出てきました。

それはシガラキによる「優先殺害リスト」というものらしく、そこに緑谷が含まれていたことになります。

ただ、他に誰がリスト内に含まれているのかは判明していなかったのですが、もし仮に轟の事がリストに入っていなかった場合、

荼毘が轟の『フルネーム』を知っているのがちょっとおかしいかなと。

 

雄英体育祭をテレビで見ていたなら、轟の名前くらいはわかると思うのですが、この辺は考察のしようがありません。

 

ただ、描写としてわざわざまったく関係のない二人がこうして同時に描かれているということは、何かしらの理由があると考えられます。

それが先程から言っていいるとおりの『兄弟』説ですね。

 

轟の紹介ページ

単行本のキャラクター紹介ページってなんとなく読み飛ばす人が多いのですが、

こういったところにも伏線が散りばめられていたりするので、しっかりとチェックしてくださいね。

 

「左半身を長時間断続的に使うと、、、、、どうなるんだ?」

と表記されています。

 

これが意味するのは、やけど『重症熱傷』でしょう。

右を使いすぎれば寒くなり、左を使いすぎれば熱くなる。

行き過ぎれば火傷を起こし、水ぶくれとなり皮が剥がれていく。

その成れの果てが荼毘なのでは?

 

エンデヴァーと轟は、目元にも炎が生じます。

荼毘にも目元に皮のはがれが見えるので、炎の影響で、目元がやけどをして皮がめくれたのでは?

首から下や腕とかも皮がめくれているので、どれも炎の使いすぎによるものと考察しています。

 

Sponsored Links

 

荼毘で通してる

荼毘というのは本名ではなく、通り名みたいなものですね。

通り名は普通、周りの人がつけていく名前なので、

自らそう名乗ってるならちょっと中二病入ってますね。

 

単行本10巻で、ヴィラン連合が制圧された時、その場にいた者の本名があげられていたのですが、

荼毘だけは何故か本名があげられていませんでした。

間違いなく、意図的にその描写を描いていません。

警察側が荼毘の本名を知りエンデヴァーとの血縁関係が判明したから、爆豪救出後に公表するつもりだったのだが、

NO1ヒーロー『オールマイト』の引退により、NO1となったエンデヴァーを社会的に亡き者にしてしまった場合、

平和がどんどん崩れてしまうため、今は警察側だけで情報を隠しているのではと考察しています。

 

それに『荼毘』というのは「火葬」という意味があるため、やはりエンデヴァーと轟との繋がりは間違いなくありそうですね。

 

今後荼毘の本名が明かされた時に「マジか!」と思わせるような展開があるかもですね。

 

荼毘の本名は?

ここまでの考察で、やはり荼毘の正体は轟の兄弟説が非常に濃厚となってきました。

荼毘の父親がエンデヴァーということもあり、その教育方やヒーロー感に嫌気を刺すのは仕方がないかとも思います。

轟もエンデヴァーのやり方に不満を覚えて左側の炎を使わないようにしていましたからね。

 

なので、荼毘の本名は『轟』という可能性は非常に高いでしょう。

てかもうそうなんじゃないの?と思います。

 

ヒロアカの名前は結構安易な感じでつけることが多いですよね。

『焦凍』も半冷半熱から来てますし、荼毘も『熱』とか『炎』という感じが入った名前かもしれませんね。

 

Sponsored Links

 

ヒロアカを電子書籍で読もう!

コミックにこだわらずに

「1円でも安く買いたい!」

という方は電子書籍の方が断然お得!

コミックで購入するよりかは、電子書籍のほうが30円程度安く購入することが可能です。

特に20〜50%OFFやポイント還元といったなにかしらのキャンペーンを常に実施している『ebookjapan』が非常にオススメ!



50倍のポイント付与といった超お得なキャンペーンも実施していることもあったり、

「新刊オート便」という機能で新刊を購入するとポイントが5倍になったりします。

漫画やライトノベルなどを購入する度にポイントが貯まっていくので、普通に単行本を買うよりもずっとお得!

↓   ↓   ↓

ヒロアカを電子書籍で読もう!

 

ヒロアカの動画を視聴する方法は?

『僕のヒーローアカデミア2期』は、

動画配信サービスU-NEXTで無料視聴や見逃し配信を行っています!

なんと今U-NEXTでは、登録後31日間アニメを無料でお試しいただくことが可能になる『トライアルキャンペーン』を実施しているため、非常にオススメです(^o^)

U-NEXTの場合、最新映画や今期アニメ・今期ドラマの見逃し配信、更には人気過去作品など様々なタイトルを視聴することが出来るのです!!

↓   ↓   ↓   ↓

僕のヒーローアカデミア2期を無料視聴しよう!



ネット上にはアニメを無料視聴できる『違法アップロード』のサイトが数多く存在していますが、

『違法アップロード』されている動画は違法です。

 

・アニチューブ(anityube)

・デイリーモーション(Dailymotion)

・ユーチューブ(YouTube)

とかが『違法アップロード』されている動画が配信されていますが絶対に視聴しないことです。

今回ご紹介した『U-NEXT』のような『公式』の動画配信サイトから観ると100%安心ですよ(*´ω`*)

 

僕も登録して31日間無料トライアルを試してみたのですが、その期間中は多くのアニメ視聴を『高画質』で楽しんで、

そして超簡単に解約することが出来たので、最初から最後まで安心安全でした!

 

アニメは『僕のヒーローアカデミア2期』以外にも、

・僕のヒーローアカデミア1期

・この素晴らしい世界に祝福を

・冴えない彼女の育てかた

弱虫ペダル

僕のヒーローアカデミア

進撃の巨人 season2

とかとか、

この他にも放送されたばかりのアニメの最新話が配信されたり、

最新の映画をDVDレンタル前に視聴することができちゃうことが多いので、

U-NEXTは本当にオススメ!

 

ただ、『31日間無料トライアルキャンペーン』はいつまで続くのかは分からないのです!

今日これからかも知れないし、明日かもしれない。

そう考えたら、いま登録しないのは非常にもったいないことですよね。

違法アップロードの動画ばかり見て、最大限のリスクを背負うよりかは、

最初から最後まで安心安全のU-NEXTで動画を視聴した方が断然良いに決まってますよね?

 

なので、このお得な期間中に登録しておいて損はないですよ(*´ω`*)

 

僕のヒーローアカデミア2期を無料視聴しよう!

 

まとめ

さてさてここまでご覧いただきありがとうございます。

やはり荼毘の正体はエンデヴァーの息子で轟の兄弟なんじゃないかなと思います。

考察する予知が多すぎたので、ほぼ確定だと思っても良いんじゃないでしょうか?

 

展開的に、今後どうその話に持っていくのかは分かりませんが、

正体判明の際は、きちんと盛り上がる展開にしてほしいですね!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here