火ノ丸相撲の最新巻11巻の発売日はいつ?ネタバレや感想も紹介

現在、週間少年ジャンプで連載中の相撲漫画「火ノ丸相撲」の10巻が2016年7月4日に発売されました。

 

さて今回の記事では、火ノ丸相撲の11巻の発売日をご紹介していきたいと思います。

さらに11巻のネタバレと感想もご用意しましたので最後までゆっくりとご覧になっていってくださいね!

 

スポンサーリンク

 

火ノ丸相撲の11巻の発売日はいつ?

現在、火ノ丸相撲の11巻の発売日は週間少年ジャンプの公式HPでは公表されておりません。

ですので、最近の火ノ丸相撲の単行本の発売日と週間少年ジャンプで掲載されて、まだ単行本に収録されずにストックされている数を参考に発売日を予想していきたいと思います。

 

それではまず、最近の「火ノ丸相撲」の単行本の発売日を見ていきましょう!

 

5巻:2015年7月3日

6巻:2015年9月4日

7巻:2015年11月4日

8巻:2016年2月4日

9巻:2016年4月4日

10巻:2016年7月4日

 

発売日の期間としては2ヶ月だったり3ヶ月だったりとバラバラです。

なので発売日の傾向としては「4日」に発売される傾向にあると判断させてもらいます。

 

次に週刊少年ジャンプで掲載されて、まだ単行本に収録されずストックされている数を参考に予想を立てていきたいと思います。

 

2016年6月11日現在、週刊少年ジャンプでは100話まで掲載されています。

単行本10巻が発売される頃には103話までが掲載れる予定です。(休載がなければ)

そして10巻には88話までが掲載される予定です。

この時点でストック数は15話あり、十分な数です。

 

10巻が発売されてから2ヶ月後に11巻が発売される場合

ストック数24話(11巻に9話収録される場合は15話)

 

10巻が発売されてから3ヶ月後に11巻が発売される場合

ストック数28話(11巻に9話収録される場合は19話)

 

「9巻が発売されてから10巻が発売される」時は15話のストックがあります。

そして見て分かる通り「10巻が発売されてから2ヶ月後に11巻が発売される場合」も15話のストック数があります。

 

したがって、「火ノ丸相撲」の11巻は10巻が発売されてから2ヶ月後に発売される可能性が高いです。

さらに先ほど「4日」に発売される傾向にあるとお伝えしました。

 

ですので「火ノ丸相撲」の11巻は

2016年10月4日(火曜日)に発売される可能性が非常に高いでしょう!

※あくまでも予想です。なのであたってたら褒めて下さいね(笑)

 

スポンサーリンク

 

火ノ丸相撲の11巻のネタバレと感想

ネタバレ

合宿も終盤を迎える。

柴木山親方と稽古をしている蛍に話かける桐仁。

柴木山親方と稽古を取れるのは幸運なことだ。分かっているのか?と。

 

すると蛍は監督(桐仁)と比べると教え方も丁寧で分かりやすいと言い、桐仁は若干すねてします。

蛍はすぐに付け足し

「何へこんでるんですか!確かに少し頼りないところもありますけど、そもそもダチ高と柴木山部屋を繋げたのも監督ですし。ありがとうございます。監督。皆を代表して礼を言います」

 

少し照れる桐仁を横目に蛍は柴木山親方にもう少し稽古に付き合ってもらってもいいかと問う。

「この人とも稽古をつけてやってください。もちろん力士として」

と言う蛍を前に慌てて桐仁は無理だと答える。

 

桐仁は肺の欠陥で20秒以上戦えない力士故に、ダチ高の監督として支えてきた。

けれどもうマネージャーだっているし、協力者だっている。

全国大会ではけが人が出るかもしれない。

そんな時に頼れる「6人目」がいればどれだけ心強いだろう。

8b0cf962

出典:http://jumpsokuhou.com

そして我慢できずに土俵で向かい合うことになった桐仁と柴木山親方。

1

出典:http://jumpsokuhou.com

巻き落しで柴木山親方を投げ落とす桐仁。

そして晴れて桐仁は「6人目」としてメンバー登録をすることを決意しました。

 

 

ついに全国大会が開催される。

まずは個人戦。

潮はいつもどおりのくじ運で、高校最強「天王寺獅童」と初戦でぶつかることとなる。

個人戦を優勝して、全日本に出る。その足がかりとして絶対に負けられない戦い。

 

だが天王寺は自分が「最強」だと分かっていてもその実力に驕らず、真正面から全力で潮とぶつかっていく。

さらに試合前から潮のことを、全ての対戦の可能性のある力士の相撲の取り方を事前に調べている。

余裕も慢心も油断も驕りない「絶対的な最強」

それが天王寺獅童

abb39893

その天王寺の前に潮は自分の相撲を取るも、まさかの敗北

1回戦敗退という、衝撃な展開となる。

 

これで全日本出場という夢は断たれてしまい、もう大相撲に入ることは出来なくなってしまう…

そう思われた。

 

だが部長は言う

別に全日本に出れる枠は個人戦優勝とかだけじゃない。

「団体戦でも何でもいい。「高校無敗」の天王寺獅童に初めて土をつける奴が現れたら、相撲連盟はそいつを無視すること出来ますか?」

1

出典:http://jumpsokuhou.com

そして潮は柴木山親方と信頼できる病院に行き、潮が戻るまでの団体戦を残されたダチ高メンバーに託すのであった。

 

感想

11巻は名シーンとなるシーンが多くありました。

桐仁の6人目としての参加。

天王寺獅童に敗北。

そして部長の言葉。

 

一つ一つが胸に突き刺さりました。

 

いきなりラスボスとの戦いで「まさかの打ち切り?」と感じる展開だったのですが、まさかの敗北。

ですがこの物語の展開は絶賛します。

天王寺の圧倒的な強さは保たれたまま、団体戦の緊張感が更に強くなる。

そして少年漫画では熱い展開を見せる主人公不在での仲間たちの戦い。

本当に話の展開を作るのが上手いです!

 

さらに今まで一度も泣いたことのない潮が涙するシーンは、我々も涙なしでは見られないシーンです。

レイナが行っていたように緊張の糸が緩んだこその涙でしょうね。

悪い意味の緩みでは無く、心が折れて倒れそうな時に支えてくれる仲間の頼もしさが身に染みたんでしょう。

 

少年漫画の王道をこのまま突っ走っていって欲しいですね。

それにしても、

部長お前マジでかっこ良すぎ!

 

まとめ

・火ノ丸相撲の11巻は2016年10月4日に発売されると予想します!

・以上ネタバレと感想でした。

最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here