平成の次の元号(年号)の候補や予想は?未来人の予言の安始は本当?

2016年7月13日に、全国民に衝撃を与えるニュースが流れました。

それは天皇陛下が生前退位する意向を示したというニュースでした。

 

するとネット上では平成の次の元号(年号)は何かについて議論がかわされるようになりました。

今回の記事では

・平成の次の元号の候補や予想について

・未来人の予言の「安始」は本当?

についてご紹介していきたいと思いますので最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

平成の次の元号(年号)の候補や予想について

まず現在の元号「平成」が決定するときの候補となった文字をご紹介します。

「平成」「脩文」「正化」

の3つが候補として上がり、「平成」が選ばれました。

 

私は、昭和から平成の変わり目を生きていたわけでは無いので、この時代の大きな変化は初めての経験になると思うので、実際どうなるかはよく分かっていません。

すぐに「平成」の次の元号(年号)にはなれることは出来ないんでしょうね。

 

さて「平成」の次の元号については、現在ではまだ候補すら上がっていません。

当然です。まだ生前退位するという意向を示しているだけですから。

これから天皇陛下が、皇太子さまに天皇の位を譲るまでに決めることになります。

 

天皇陛下の生前退位はいつ頃になるかの記事もありますので、是非ご覧になってください。

平成の次の元号は何?安始?天皇陛下の生前退位はいつ頃?

 

現在「平成」の次の元号(年号)の方穂は上がっていませんが、ネット上で話題となった予想はいくつか上がっています。

それは以前、自分を未来人と名乗る者が予言した元号(年号)です。

 

スポンサーリンク

 

未来人が予言した平成の次の元号(年号)の「安始」は本当?

未来人。時間を超越することの出来る人のこと。

あなたは存在すると思いますか?

 

私は、未来人は存在すると思っています。

まだ私達が歩んでいない時代、未来は時間の概念の違いはあれ無限時間存在しています。

その遥か、無限時間後、無限年後の世界にはタイムトラベルするという技術があると信じています。

今現在、猫型ロボット的な何かがどこかに潜んでいるかもしれませんしね(笑)

 

話が少し反れてしまいましたね。

さて、その未来人が2058年から来たと言う事なのですが、その時に平成の次の元号(年号)についての情報を残して行きました。

それは、

 

「安始」

 

読み方は「やすし」だそうです。

ご丁寧に読み方もご享受してくれたみたいですね。

 

未来人は、そもそも何故、平成の次の元号(年号)という、別に災害などに比べて大したことのない情報を残したのでしょうか。

普通、未来を救うための情報を残すべきですよね。

理由としては、恐らく、自分が未来人である証拠を残すためでしょう(本当に未来人なら)

 

娯楽で過去の人に情報を与えるなんて人かもしれませんが、タイムトラベルという文化が未来にあるとしたら、

時間干渉に対しての厳重なルールーや制約が決められているはずなので(タイムパラドックスの阻止のため)

娯楽では情報をばらまいているわけではありませんね。

 

この未来人は過去に様々な災害の予言を見事当てていました。

ですので、今回も当たる可能性は一応あります。

ですが確証はありません。

 

今後、生前退位で「平成」の次の元号(年号)について2chなどで大きく盛り上がっていくことが予想されるので、みなさんも是非立ち寄ってみてください。

もしかしたら、未来人が紛れ込んでいるかもしれませんよ(笑)

 

まとめ

平成の次の元号(年号)の候補はまだない。

未来人の予言「安始」の可能性はあるが、確証はない。

 

最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here