日馬富士暴行に貴乃花親方が協力しない理由はなぜ?本当の真相とは?

皆さんこんにちは!

 

ついに12月に入り年の終わりを感じる時期となりましたが、まだまだ相撲関連の話題は冷めることはありませんね。

日馬富士もやはり引退という形となりましたが、未だ真相は明らかになっておりません。

 

さて今回の記事では、日馬富士の貴乃岩暴行事件で貴乃花親方がなぜ沈黙を貫き協力しないのか、その理由について考察していこうと思います。

さらに、日馬富士の暴行事件の真相についても考察していきたいと思いますので、

最後までゆっくりとご覧になってください。

 

Sponsored Links

 

日馬富士暴行事件に関する詳細

 日本中の視線を集めた横綱・日馬富士(33才・引退表明)による暴行事件が起きたのは10月25日の夜。巡業先の鳥取にあるカラオケ付き個室ラウンジで日馬富士がモンゴルの後輩力士・貴ノ岩(27才)を殴打した。その場には白鵬(32才)と鶴竜(32才)の2横綱のほか、何人かのモンゴル人力士、日本人力士らが居合わせた。

貴ノ岩の師匠である貴乃花親方(45才)は事件の4日後、鳥取県警へ被害届を提出。それから2週間後の11月14日、スポーツ紙が暴行事件を報じて日馬富士は九州場所を休場し、大騒動へと発展した。

引用:ライブドアニュース

 

近年、相撲界はモンゴル人横綱で相撲界を盛り上げていましたが、昨年稀勢の里が約19年ぶりの日本人横綱となり、さらに若い世代からも人気を集めるようになりました。

僕は、週刊少年ジャンプで連載されている「火ノ丸相撲」を拝見しているため、相撲に関しても漫画で読んだ程度の知識はあるため、この「日本人横綱」というのがどれほど凄いのかということが分かっています。

 

今回の騒動は、その19年ぶりとなる「日本人横綱」である稀勢の里の前の若乃花の前に日本人横綱「貴乃花親方」が大きなカギを握っているのではないかなと、SNS上でも囁かれています。

未だ沈黙を続けている貴乃花親方は一体何を知っているのでしょうか?

 

貴乃花親方が協力しない理由について

日馬富士が貴乃岩の暴行に至った理由として

「先輩の横綱として、礼儀と礼節がなっていないときにそれを教えるのが義務だと思っている」

というのがあります。

ビール瓶で殴ったとか、やっぱりリモコンでしたとか、様々なことが言われていますが、貴乃岩は頭部にひどい怪我跡が残りました。

その写真が公開されていましたが、まじまじと見る写真ではありませんね。

家族との団欒中に見るものではなかったですよ。

 

Sponsored Links

 

改めて、今回の事件の経緯を紹介します。

1 一次会で、白鵬が貴ノ岩の言動に説教をしたが、日馬富士はそれを庇った。
2 貴ノ岩は両親を亡くしており、似た境遇にある日馬富士は日ごろから彼を気にかけ可愛がっていた。
3 二次会になって、白鵬がまた説諭を始めたとき、貴ノ岩がスマートフォンをいじっていたので、日馬富士は大横綱の白鵬に何たる態度かと腹を立て、貴ノ岩の顔面を平手で殴った。
4 貴ノ岩がそこで謝罪していればよかったのに、それどころか睨み返してきたため、さらにカラオケのリモコンなどで殴った。

引用:講談社

 

貴乃花親方は貴乃岩の親方なのですが、今回の一連の騒動では沈黙を貫いております。

被害者なのは貴乃岩なので真相についても詳しく知っているはずですが、何も語ろうとはしません。

警察の捜査が終了してから相撲協会などには協力をするというスタンスであるようです。

 

余計な口を挟まないようにしようとしているのか、はたまた何か重要なことを隠し通そうとしているのか。

 

 

 

Sponsored Links

 

ツイッターでも様々な憶測が飛び交っています。

確かに、白鵬に何の非がなければ7時間の聴取はちゃんちゃらおかしいですね。

白鵬も何やら1枚噛んでいる可能性も少なくともあるというわけです。

ただ、相撲界を背負っている3人中二人のモンゴル人力士が揃いも揃って引退となってしまったら、たちまち相撲ファンは減ってしまうでしょう。

せっかく稀勢の里の活躍で若い相撲ファンも増え、相撲の関心が以前に比べて高まったところで、この二人が引退となってしまったら、相撲の未来がだいぶ暗くなってしまいます。

 

待望の19年ぶりとなる日本人横綱が誕生し、そしてモンゴル人横綱をバッタバッタとなぎ倒し、稀勢の里が相撲界を本当の意味でトップで背負っていけるようになるためには、やはり白鵬には残っておいてもらわなければいけません。

このまま引退という形で稀勢の里が相撲界最強となってしまっても、何も面白くはないですからね。

稀勢の里自らが彼らに何度も勝ち続けて欲しいですから。

 

とりあえずのところは「貴乃岩が全面的に悪いね」的な印象操作が行われているところに不快感を覚えてしまいますね。

あの日馬富士の会見も僕としても少し思うところがありましたし。

反省を本当にしているのか?と素人の僕が見ても思ってしまったわけですから。

 

起訴になるにしても不起訴になるにしても、それらが決定した時点で貴乃花親方も沈黙をやめると思いますので、続報を待てという感じでしょう。

これも1日2日で何か進展するというわけでもないので、気長に待っていましょう。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here