ハイキューの22巻の発売日はいつ?音駒VS梟谷のネタバレや感想

現在、小学生から高校生や若い女性から圧倒的な支持を得ている週刊少年ジャンプで連載中の大人気スポーツ漫画「ハイキュー!!」の21巻の発売日が迫ってきました。

さて今回の記事では「ハイキュー!!」21巻の内容をおさらいするのはもちろん、22巻の発売日や22巻のネタバレ・感想などをご紹介していこうと思います。

最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

 

スポンサーリンク

 

「ハイキュー!!」21巻のおさらい

烏野高校VS白鳥沢学園高校はファイナルセット8-9の白鳥沢学園高校がリードする展開で21巻の冒頭はスタートしました。

激しい攻防が続き、スパイクを打とうとした牛島は「ずしん」と体が重くなったご様子になり、体力の限界が感じられた。

烏野の追い上げは止まらずについに烏野がセットポイントを迎える。

そして月島が再びコートに戻ってきてワンタッチを繰り返し、牛島に多大なプレッシャーを与え続ける!

そして日向のバックアタックが炸裂!

止められはするもののラリーはまだ終わらない。

そしてついにその時が来る

白鳥沢学園高校ブロッカー3枚 vs烏野高校 スパイカー5枚

1stテンポのシンクロ攻撃オール!

後ろから助走をしてくる日向のバックアタックが山形の腕を弾き、最後の得点を制し21-19で烏野が勝利しインターハイ出場を果たした!

 

そして舞台は変わり東京・墨田区総合体育館

東京都代表決定戦「音駒VS梟谷」の戦いが始まろうとしていた…

 

「ハイキュー!!」22巻の発売日はいつ?

追記:ハイキュー!!の22巻は2016年7月4日に発売されると公式HPで公表されました。私の予想も的中!

それでは「ハイキュー!!」22巻の発売日をご紹介したいともいます!

と、言いたいところだったのですが現在はまだ「22巻」の発売日は公表されていませんでした…

ですので「ハイキュー!!」22巻の発売日を予想していきたいとも思います。

 

まず、21巻は180話~190話まで掲載される予定です。収録話は10話。

そして2016年3月26日現在の週刊少年ジャンプで掲載されているのは199話ですが、21巻の発売日までに休載がなければ残り5話、204話まで掲載される予定です。

この時点で22巻が発売されるまでに15話の余裕があります。

「ONE PIECE」や「銀魂」などの長期間連載している漫画だと、最新刊発売時点でこのぐらいの余裕がある場合は次の巻は2か月後に発売される傾向があります。

連載したばっかりの「僕のヒーローアカデミア」や「火ノ丸相撲」などはまだ3か月後に発売が多いですね。

「ハイキュー!!」はそこまで長期間連載しているとは言えませんが、先に紹介した2作品と共にジャンプの看板を張っている作品ではあるので、今回は2か月後の発売になるのではないでしょうか?

 

というわけで21巻の発売日は5月2日なので

22巻の発売日は多少の地域での違いはあれ7月1日~7月8日の間には発売されるでしょう!

ハイキュー!!の23巻の発売日やネタバレが気になる方はこちら!

ハイキューの23巻の発売日はいつ?ネタバレや感想も紹介

こちらの記事はネタバレが含まれているのでご了承ください。

 

Sponsored Links

 

「ハイキュー!!」22巻のネタバレや感想

ネタバレ

21巻では舞台は変わり東京・墨田区総合体育館になりました。

そこで行われたのはなんと、烏野が夏の合宿でともに練習した「音駒」VS「梟谷」の試合であった。

音駒のベンチでは黒尾がいつも通り「俺達はけつ液だ 滞り無く流れろ 酸素を回せ ”脳” が正常に働くために。」とチームの指揮を上げる。

そして、梟谷のベンチでは木兎が深く集中している姿が見られた。

 

梟谷サーブで試合は開始し、猿杙の強烈なサーブが夜久めがけて放たれるが、さすが守備力の高い音駒のリベロ。完璧にそれを捉える。

そのまま、研磨→黒尾で先制点を取る。

だが、次の攻撃はイキイキとした木兎に強烈なスパイクを放たれあっさり点を返される。

梟谷に木兎がいるが音駒には夜久がいる!

「すげえレシーバーは必ずしも目立つワケじゃないんだぜ」

これは西谷のセリフです。

今回の梟谷戦では夜久が健闘していきます。けれど、リエーフはなかなかタイミングが研磨と合わずに苦戦。

互いに攻防が続きますが、第1セットを奪ったのは20-25で梟谷。

 

音駒はここからが強い!

そう思われたのですが、強かったのはやはり木兎。

シーンは一気に進み10-9で音駒がリードしたり、木兎がストレートの調子が良すぎてクロスの打ち方を忘れてしまうといったとんでもない展開を迎えますが、絶対的エースの木兎は頼れるセッターの赤葦のボール運びでクロスも悠々と打ち込む。

第2セットも28-30で梟谷が取り、ストレート勝ち。

木兎のかっこいい場面が盛りだくさんでした!

 

そして、音駒が残り1枠を争うことになるのは戸美学園。

音駒が猫ならば戸美は蛇。

戸美は審判や観客からは礼儀正しいチームに見えている影響があるため、音駒がタッチネットしてないのにしたことになったり、インのはずのボールがアウトになったりとなかなか苦戦をしてしまう展開に…

 

感想

やはり、22巻では「木兎がかっこいい!」が一番強い印象を受けました。

木兎がエースとしてチームを引っ張ているのではなく、チームが木兎を引っ張ているという特殊なチームでありながらも抜群のチームワークを誇るのがもうかっこよくてかっこよくて!

音駒が梟谷にストレート負けするっていう展開も、力関係がはっきりしていて見ていて面白かったです。

インターハイでは音駒が梟谷を倒すのか?烏野が梟谷を倒すのか?

今後の展開がさらに気になってきますね!

 

アニメ「ハイキュー!!」の3期についての記事もありますので是非ご覧になってください。

ハイキュー第3期は何話構成になるの?1クールor2クール?

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here