ゴールデンカムイのキロランケが裏切り者で怪しい?名前の意味や目的は?

みなさんこんにちは!

 

2018年4月期より人気漫画「ゴールデンカムイ」が待望のアニメ化をすることになりましたね!

隠された金塊のありかを探す冒険がここに始まります!!

 

さて今回の記事では、「ゴールデンカムイ」のキロランケの裏切りについてご紹介していきたいと思います。

さらに過去や目的についても触れていきたいと思いますので、最後までゆっくりとご覧になってくださいね!

 

スポンサーリンク

 

ゴールデンカムイのキロランケは裏切り者?

『ゴールデンカムイ』5館にて初登場を果たしたキロランケ。

アシリパの父親と面識があるということで、今後大きく物語に関わってくるキャラクターですね。

鶴見中尉の別の隊に所属していた元第7師団でもあり、その実力は本物。

 

そして『のっぺらぼう』がアシリパの父親だということを伝えた重要人物でもあります。

その発言が嘘なのか本当なのかはアニメ視聴者にはまだ判然としていないとは思いますが、

原作の方ではすでに父親か否かについては判明しています。

 

それについては後ほどご紹介しますね。

 

さてさて、インカラマッが鶴見中尉から得た情報をもとに、キロランケが『裏切り者』であるかもしれないという証拠を突きつけていました。

なので、杉元たちからは疑いの目で見られるようになるものの、その真相はキロランケ自身にしかわからない。

結論から言うと、原作の方でもキロランケが本当に裏切り者なのかどうかは、ちゃんとは明らかになっていません。

ただ、『のっぺらぼう』がアシリパの父親だと言う証言は本当でした。

実際に、杉元は網走監獄でのっぺらぼうに接触し、アシリパの父親かどうかを確認していましたから。

 

だけどそれ以降に「もしかしてキロランケは裏切り者かな?」と言う疑問が浮かぶような行動をキロランケが起こしています。

のっぺらぼうと杉元が会話をしていた時、

何か重大なことをのっぺらぼうが口にしそうになったその瞬間に、遠方より頭を銃で撃たれてしまいます。

その後に、杉元も頭部を打たれてしまいました。

のっぺらぼうは絶命し、杉元はなんとか助かり鶴見中尉の元に運ばれます。

 

のっぺらぼうと杉元を狙撃したのは、「尾形百之助」でした。

まさかこのタイミングで尾形が裏切るとは思わなかったのですが。

アニメのみの方はわからないとは思いますが、尾形は少しずつですが杉元やアシリパたちと馴染むようになり、ずっとやっていなかった「チタタプ」をするまでには心を開いてくれていました。

なのにまさか杉元を撃ってしまうなんて、、、。

そしてその銃撃の合図を送ったのがキロランケだったのです。

この2人は、のっぺらぼうが重要なことを杉本に話す前にのっぺらぼうを始末することを考えていたのです。

杉元を狙撃することはキロランケにとっては想定外だったそうですが。

だけど、のっぺらぼうは2人で共謀して始末する予定だったみたいです。

 

「完全に」と言うわけではないのですが、キロランケが裏切り者だと言われてもおかしくない状況にまでなってきました。

 

キロランケは個人的に好きなキャラだったので、何かの間違いだったと願います。

 

スポンサーリンク

 

キロランケの名前の意味は?

もう一つきになることといえば、キロランケの名前の意味です。

アイヌは幼い頃はうんこ(オソマ)とか勃起(チカパシ)と言うように下品な単語を名前にすると言う伝統があります。

キロランケも幼少の頃はそう言う名前だったのかな?と思うと少しほくそ笑んでしまいますが、

大人になった今、このキロランケと言う名前にも何かしらの意味があるんだと思います。

 

ちなみにアシリパの幼少期の名前は「エカシオトンプイ」で祖母の尻の穴という意味だったそうです。

本当に下品ですね笑

そして「アシリパ」という名前は、現在のアイヌ語で「新年」とか「未来」を意味する言葉だそうです。

アシリパ自身も「新しい時代のアイヌの女」と語っていたこともあり、『ゴールデンカムイ』のアイヌの名前には何かしらの意味があることがわかります。

 

なので、キロランケにも相当な意味がありそうなのですが、原作でも説明はされていませんし、

だからと言ってネットで『キロランケ』というアイヌ語を調べても出てきません。

もしかしたら、別の読み方の単語を作者が「キロランケ」と読んだのかもしれません。

恐らく、アイヌ語の2つの単語を組み合わせた名前なのかな?と思います。

 

 

ツイッター上でも「キロランケ」の名前の意味が非常に考察されています。

一番多かったのが「角をおろす」という意味です。

アイヌ語で

「キラウ」=角

「ランケ」=〜おろす

という意味の言葉を組み合わせたものなのではないか?ということです。

「キロ」というアイヌ語がなかったため(どこかにあるかもしれませんが)、「キラウ」が採用されているみたいです。

「角(かど)をおろす」とは一体どういうことなのでしょうか?

 

似たような言葉で「角が立つ」というのがあるが、意味は「人との間柄が穏やかでなくなる。事が荒立つ。」です。

これの対比となる言葉をオリジナルで作ったのでしたら、意味合いとしては

「人との間柄が穏やかになる。事が収まる」

という意味になるのかな?

 

ということは、キロランケは裏切り者ではなく、全てを丸く収める、安定を保つ役割を担うキャラクターなのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

関連記事はこちら!!

ゴールデンカムイの1話の動画を見逃し配信!高画質を無料視聴!

ゴールデンカムイの白石が裏切りで死亡?黒幕説やモデルと年齢は?

ゴールデンカムイの刺青人皮の伏線や謎を解読考察!囚人一覧やモデル!

ゴールデンカムイのっぺらぼうの正体と顔はアシリパのお父さん?死亡した?

 

ゴールデンカムイのアニメの続きを読もう!

「ゴールデンカムイ」のコミックにこだわらずに

「1円でも安く買いたい!」

という方は電子書籍の方が断然お得!

コミックで購入するよりかは、電子書籍のほうが30円程度安く購入することが可能です。

特に20〜50%OFFやポイント還元といったなにかしらのキャンペーンを常に実施している『ebookjapan』が非常にオススメ!


50倍のポイント付与といった超お得なキャンペーンも実施していることもあったり、

「新刊オート便」という機能で新刊を購入するとポイントが5倍になったりします。

漫画やライトノベルなどを購入する度にポイントが貯まっていくので、普通に単行本を買うよりもずっとお得!

↓   ↓   ↓

ゴールデンカムイのアニメの続きを読もう!

 

もちろん購入しなくても立ち読みも可能ですので、是非無料登録をしてしまいましょう!

 

他にも

約束のネバーランド

鬼滅の刃

Dr.STONE

恋と嘘

ゴールデンカムイ

食料人類

など、最近の話題作も立ち読みすることができますので、オススメですよ!

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク


合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here