銀魂の実写映画化並のびっくり情報の大発表とは?最終回かアニメ5期?

2016年9月14日に、週刊少年ジャンプで「銀魂」が気になる事を残して行きました。

それは「実写映画化に次ぐ大発表」という内容です。

一体どんな大発表なのか?いまからドキドキが止まりませんね!

1

さて今回の記事では、「銀魂の実写映画化並のびっくり情報の大発表とは?」についてご紹介していきます。

最後までゆっくりとご覧になって下さいね。

 

スポンサーリンク

 

銀魂の実写映画化並のびっくり情報の大発表とは?

それでは、気になる『銀魂』のびっくり情報の大発表というのは一体何なのでしょうか?

実写映画化に並ぶほどの大発表ということで、期待値はだいぶあるので、新キャスト発表なんてことなったら発狂しそうです(笑)

 

というわけで、私なりに『銀魂』のびっくり情報大発表の内容を予想してみたいと思います。

 

・『銀魂』アニメ版新作映画

・『銀魂』アニメ5期

・年内に最終章完結・最終回までのカウントダウン開始

・ごめんなさい。最終章は終わる終わる詐欺でした~

 

以上の4つが、週刊少年ジャンプ並びに『銀魂』での重大発表で起こりえそうな予想です。

 

・『銀魂』アニメ版新作映画

「新訳紅桜篇」「完結編」の2作が、『銀魂』のアニメ映画です。

完結編でアニメが完結したと思われたら、次の年にさっそく4期が放送されました。

本当は「終わる終わる詐欺」をするつもりで「完結編」に望んだわけではないとは思います。

そうでもなければ、4期の冒頭で銀さんが野々村議員ばりに謝罪会見なんて開きませんし(笑)

 

あの場面で、さっそくタイムリーなネタを仕込む銀魂のアニメスタッフのギャグのキレの良さは抜群でしたよね(笑)

もう、「完結編」が無かったことに、有耶無耶になったことに、謝罪して許してもらったことになっているので、

『銀魂』の新作アニメ映画となってもおかしくないでしょうし、

重大発表と謳っているので、このぐらいでないと実写映画化とは吊り合いませんね。

 

・『銀魂』アニメ5期

こちらも、新作アニメ映画と同じ理由です。

『銀魂』のアニメ5期でも、充分に実写映画化と吊り合うほどの価値があるので、期待したいです。

その場合、恐らく『銀魂』5期がアニメ『銀魂』の最後となるでしょう。

現在、週刊少年ジャンプで連載している『銀魂』は最終章に入り、「虚(松陽)」との決着を着けようというところまで進んでいます(ネタバレごめんなさい)

 

なので、単行本で言うところの10冊分くらいのストックしか無いので、間違いなく最後のアニメ『銀魂』となるでしょう。

『銀魂』のアニメ5期についてはこちらでもご紹介しているので、是非ご覧になってくださいね。

銀魂アニメ第5期の放送日はいつ?内容のネタバレや考察も

 

個人的には、アニメ5期を一番望んでいます。

 

スポンサーリンク

 

・年内に最終章完結・最終回までのカウントダウン開始

一番、重大発表としては嬉しくない内容ですね。

そもそも、実写映画化とは吊り合うような発表ではないですし、全くと言っていいほど嬉しくない。

寧ろ、最悪な発表です。

最終章に突入して入るけれど、まだ空知英秋先生は最終回がいつになるのかを明言したことは一度もありません。

 

なので、今回初めて本当の意味での「最終回」という言葉を読者に送るのは、相当な意味があります。

それを重大発表として、私たちに送ってくれるのなら、私たちはそれを充分に受け止めなければなりませんね。

 

・ごめんなさい。最終章は終わる終わる詐欺でした~

内容的には、多少むかつきますね(笑)

でもそれが許されてしまうのが『銀魂』というものです。

厳密に言えば、『銀魂』は原作では一度も「終わる終わる詐欺」を実行したことはありません。

「終わる終わる詐欺」というのは、基本的にアニメスタッフが繰り広げて、そしてここまで浸透させたものです。

『銀魂』だからこそできる芸当をアニメスタッフが考えぬいたのです!

予算とかもろもろがいろいろあってボロボロになりながらも頑張ってくれましたね(笑)

 

「終わる終わる詐欺」と言えば聞こえは悪いのですが、そうなってくれることを、心の片隅で願っています。

 

まとめ

今回の、『銀魂』の重大発表があるということは、2016年9月14日発売の週刊少年ジャンプで明らかになりました。

ということは、次週に発表となるので、少なからず発売日の一番早い2016年9月21日には、詳細が明らかにあります。

良い発表でも、悪い発表でも、心して受け入れていきましょう。

 

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here