銀魂の67巻の発売日はいつ?ネタバレや感想も。真選組帰還

週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画『銀魂』の最新巻66巻が2016年11月4日に発売されました。

最終章に突入し、ついに万事屋が歌舞伎町に帰ってきました!

 

今回の記事では、銀魂の最新巻67巻の発売日をご紹介したいと思います。

さらに、ネタバレや感想もご用意しておりますので、最後までゆっくりとご覧になって下さいね。

 

スポンサーリンク

 

銀魂の67巻の発売日はいつ?

 

 

追記:銀魂67巻は2016年12月31日に発売されることが決定しました!

 

現在、銀魂の66巻の発売日情報は、週刊少年ジャンプの公式HPでは公表されていません。

というわけで、今回は銀魂の67巻の発売日の予想をしていきたいと思います。

 

まずは、最近の銀魂の単行本の発売日情報を見ていきましょう。

 

59巻:2015年6月4日

60巻:2015年8月4日

61巻:2015年11月4日

62巻:2016年1月4日

63巻:2016年3月4日

64巻:2016年5月2日

65巻:2016年8月4日

66巻:2016年11月4日

 

最近の銀魂の発売日情報を見てみると分かるのですが、単行本は「4日」に発売される傾向にあることが分かります。

 

最近の『銀魂』はストック数をあまり残さずに、最新巻を発売される傾向にあります。

そのこともあり、最新巻が発売されてから2ヶ月後に、また最新刊が発売されることが多くなりました。

 

65巻と66巻が発売されるまでに、どちらも3ヶ月という期間が空いていました。

週刊少年ジャンプでも休載はほとんどなかったこともあり、この期間でだいぶストック数が溜まりました。

 

したがって、67巻は「66巻が発売されてから2ヶ月後に発売される」可能性が非常に高いといえます。

さらに、「銀魂」は「4日」に発売される傾向にあると歳ほどご紹介しました。

ですので銀魂の67巻は2017年1月4日(水曜日)に発売されると予想します!

※あくまでも予想ですのでご了承ください。

 

スポンサーリンク

 

銀魂の67巻のネタバレ

桂と坂本と喜々は、解放軍の協力無しで、天導衆を始末しようと企んでいることを、解放軍に話す。

だから、解放軍は地球から出て行けと言うが、さすがに聞く耳を持たない。

早く厠に入りたい喜々は、早急に話し合いを進めたいがために、交渉を続けるがなかなかうまく行かず。

喜々は、これ以上ここで留まらせておくつもりなら、(うんこを)発射するぞと言い、解放軍の連中はミサイルか何かを発射してくるつもりなのかと勘違いし、警戒する。

発射まで時間がないため、その姿を見られたくない喜々は、早くここから逃げろと忠告すると、喜々はしゃがみこむ。その姿を見た提督は、地球では「ハラキーリ」と呼ばれるたぐいのものだと理解する。

自決覚悟で使われるそれは、具体的には何が起こるかわからないがとても危険なものだと感じた提督は仲間たちを逃がす。

そして残った提督は、喜々と背を向ける形でしゃがみ込む。

ここからが本当の交渉だと言い、互いに「ハラキーリ(うんこ)」をした。

 

知ったかぶりをした提督は「ハラキーリ」とは何かと喜々に問うが、当然喜々は知らない。だってうんこだもの。

互いにうんこを漏らしあった喜々と提督は友となり、戦争を止めるとまでは行かなかったが、初回の交渉にしてはよくやったものだ。

 

 

虚ろを倒さなければ、地球に未来はない。

桂と坂本と喜々のお陰で解放軍が動きを止めているその間に、天導衆の行方を掴み倒さなければならない。

いつの間にかに姿をくらませた銀時が、何らかの手がかりを掴めていればよいのだが。

銀時は、本屋に立ち寄ってジャンプを読んでいた。。。

 

スポンサーリンク

 

以下、週刊少年ジャンプの台詞を抜粋。

銀時「え、銀魂って実写化すんの?!知らなかった。俺が宇宙に言っている間にこんなことに…坂田銀時役小栗旬?まぁまぁ足の長さ的には及第点だけれども。ただ銀さんはもっと可愛いジャニーズ系でも良かったんじゃ」

 

その姿に見かねた神楽と新八は銀時を蹴り飛ばす。

 

銀時「いだだだ。てめえら小栗旬の顎に何すんだ!!この顎から一体何億生まれると思ってんだ!」

 

新八「誰が小栗旬だ!天導衆の行方を探していると思ったら一体何やってんですかあんたは!」

 

銀時「地球の前にジャンプが危機だ。目を話している間にBLEACH、ニセコイの柱を失い俺が小栗旬になってた。大丈夫なのかジャンプ?」

 

新八「あんたがまだジャンプに存在していることがやべーよ」

 

銀時「うるせえな。お前だって先週まで地球ほったらかしてビルの屋上でグラブってただろうが」

 

新八「グラブってねえよ!」

 

銀時「納得行かねえよ。なんでお前ごときがグラブルマサキなんだよ。二足歩行以外に共通点が見当たらねえよ。

 

というなんとも銀魂らしい、ボケとツッコミが繰り広げられる。

 

そして虚が、地球に現れ、信女と銀時で奮闘するも、またしても敗北してしまい、虚を取り逃がす。

天導衆の兵器に囲まれて、難を排しているところでついに、真選組が帰ってくる!!!

 

スポンサーリンク

 

銀魂の67巻の感想。

相変わらずシリアス展開にギャグをいれてくる空知英秋先生に感服ですね。

しかも、実写化のネタにキャラが触れるってそうそうあることではないし、むしろ無いですし。

こういうキレの有あるギャグがまた見れて一安心です。

 

そしてついに真選組が帰ってまいりました。

レベルアップした真選組を67巻でお楽しみください!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here