ドラゴンボール超の未来トランクス篇の次は全宇宙天下一武闘会篇?

ドラゴンボール超『未来トランクス篇』も終盤を迎えました。

悟空とベジータがポタラを使いベジットにへとなるが、時間切れでざますを仕留めるまでには至らず。

だがトランクスが、皆の気をまとわせた剣でザマスを貫き一刀両断してザマスが消失する。

見事、不死身であるザマスを倒すことが出来ました。

 

さて今回の記事では、ドラゴンボール超の未来トランクス編の次の回をご紹介していきます。

最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

ドラゴンボール超の未来トランクス篇の次は全宇宙天下一武闘会篇?

58398372

未来トランクス篇が終了間近となり、さて次の回は一体どんなお話になっていくのでしょうか?

今はまだ明らかになっていませんが、そろそろ公表される頃でしょう。

なので、今回の記事ではドラゴンボール超の未来トランクス篇に続くお話を予想していきたいと思います。

 

2016年11月13日に放送されたドラゴンボール超では、冒頭でもお話したとおり、トランクスがついにザマスを撃破するところで終わりました。

悟空は魔封波を練習しましたが、結局悟空が使うこと無く、封印すること無く撃破しちゃいましたね(笑)

ザマスと悟空ブラックの失敗は、ポタラで合体してしまったことかもしれませんね。

神×神で最強になるどころか、人間の体である悟空と合体してしまったことにより、

半分が人間、半分が不死身と中途半端な体となってしまったことが敗北の要因でしょう。

 

さてさて、物語を振り返るのもこの辺にしましょうか。

未来トランクス篇が終了して、次から展開される物語としては『全宇宙天下一武闘会』が有力になってくるでしょう。

 

2016年11月13日に放送された最新は66話の予告では、全能神が姿を現していました。

以前、全王様は『全宇宙天下一武闘会』を開くとおっしゃいていたこともあり、ドラゴンボール超のメイン長編となってくるお話になる可能性があります。

第6と第10の宇宙のお話がこれまで展開されましたが、一つ一つにフォーカスしてお話を展開していくのは流石に時間がかかりすぎてしまいます。

恐らく、ドラゴンボール超は100話前後の形成が予定されていると思うので、残りの30話ほどで『全宇宙天下一武闘会』が展開されていく形になると思います。

一気に、全宇宙の神や強者達が一堂に会する事が出来て、今までの伏線も一気に回収することが出来るため、やはり『全宇宙天下一武闘会』が一番有力になってくるはずです。

 

スポンサーリンク

 

なにより、視聴者としてはそれが一番みたいです。

ここからどのようにして、ウーブが現れる10年後の世界にへと繋がっていくのか、超サイヤ人ゴッドの力は失われてしまうのか?

はたまた、更に超サイヤ人ゴッドを超えた超サイヤ人ゴッドを超える超サイヤ人ゴッドの力を身に着けてしまうのか。

 

ドラゴンボールGTの話はパラレルワールドだと考えてもいいので、GTとは話のつながりを持たなくてもかまわないのですが、

原作である、ウーブとの出会いまでの話に矛盾を生じさせるのは避けてほしいですね。

「神と神」あたりで、その辺の矛盾が生じてきているので、どうにかして解消してほしいものです。

 

ザマスは置いておいても、悟空ブラックは悟空やベジータの超サイヤ人ゴッドを超えた超サイヤ人ゴッドと同等レベルの実力を持っていたので、これから先もこれ以上の力を持つ存在が現れると思うと興奮しますね。

絶対に、また悟空やベジータが更なる力を身につけるのが目に見えてしまいますし!

ここで超サイヤ人4がお目見えになったら感無量ですが、それはGTとの兼ね合いもあるので無理ですね。

時系列がおかしくなってしまいますし。

GTをまるっきりパラレルワールドとして扱って、ドラゴンボール超では別の姿の超サイヤ人4が出てくれば意外と矛盾もなくて良さ気ですが。

後は、制作スタッフの最良としか言いようがないですね。

 

さてさて、それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here