電車の下の男の正体と本名は?動機や顔画像と賠償金はいくら?

京葉線の下に男が潜り込み、長い時間、電車を遅延させてしまいました。

これは2016年12月15日の朝8時頃の出来事で、多くの人たちに多大な迷惑をかけました。

その電車の下に潜り込んだ男は逮捕されましたが、男の影響を受けたのは2万5000人ほど。

 

今回の記事では、電車の下に潜り込んだ男の正体についてご紹介します。

最後までどうぞご覧になって下さい。

 

スポンサーリンク

 

電車の下の男の正体は?

さてさて、京葉線利用者およそ2万5000人の人々に多大な迷惑をかけてしまった電車の下に潜り込んだ男ですが、

彼の正体は一体どんな人なのでしょうか?

 

電車の下に潜り込んだ男の正体は、

秦亮太さんという方だそうです。

年齢は36歳で会社員ですが、

今回、電車の下に潜り込んだ動機としては、会社で揉め事があり自らの命を断とうとしたのです。

どんな理由があろうとも、自身の命を投げ打つ行為は本当にあり得ない行為ですし、

その行為をする上で、電車に影響をおよぼすものは、家族にまで迷惑をかけてしまうので、本当にやめたほうが良いです。

 

25分京葉線を遅らせただけで、乗客や次に乗る人達に影響する問題は計り知れません。

今回は25分だけで2万5000人の人が被害にあったわけですから。

幸い、秦亮太さんや乗客には怪我がなかったそうですが、それ以上に大変なことが秦亮太さんには課せられてしまいます。

 

顔画像は入手することは出来ませんでしたが、そのうち必ずテレビでも報道されますので、

それが成された時に再び追記していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

賠償金はいくら?

さてさて、今回多大な人たちに影響を及ばせてしまったわけですが、その賠償金はいくらほどになるのでしょうか?

朝夕の通勤ラッシュともなると、それを遅らせてしまった場合は数億円の損失になると言われています。

ただ、電車の下に潜り込んだ動機としては、自身の命を断つ行為でした。

これが本当に成された場合は、親族に賠償金の請求がいくことはほとんどありません。

ただ、故意に電車を遅らせる行為をしている場合は請求が来ることがあります。

故意ではない場合は、1~10分程度なら請求が来ることはないそうです。

 

秦亮太さんはどうでしょうか?

電車を故意に遅らせようと考えていたのでしょうか?

いいえ違います。

先述の通り、会社での揉め事が原因であるため、故意に電車を遅らせようとはしていません。

そして、自身の命を断つことも叶いませんでした。

 

つまりはただ25分間、電車の下に潜り込み電車を遅らせてしまっただけです。

そして電車の下に潜り込んだ男、秦亮太さんは逮捕されてしまいました。

これは間違いなく刑事事件に問われる問題になるでしょう。

秦亮太さん側と、鉄道会社側での裁判が行われるはずです。

 

裁判的な知識には乏しいので詳しいことは語れません。

ただ、秦亮太さんの心中を察するのであれば、賠償金を請求することはないのかもしれません。

会社で揉め事があり精神を乱したのですし、

多額な借金を背負うことにでもなれば、再び精神を乱し同じような行動に出るかもしれません。

 

賠償金額的には間違いなく数億円はいくことになりますので、

皆さんはこのようなマネは絶対にしないようにしましょう。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here