映画デスノートLight up the NEW worldのネタバレ。夜神月は生きてる?

2016年10月29日に、映画「デスノートLight up the NEW world」が公開されます。

最初に公開された映画「デスノート」から10年の月日が経ちました。

今回の映画「デスノートLight up the NEW world」でもあの時から10年後という設定となっています。

 

今回の記事では、映画「デスノートLight up the NEW world」のネタバレをご紹介していきたいと思いますので、最後までゆっくりとご覧になって下さいね。

 

スポンサーリンク

 

映画「デスノートLight up the NEW world」のネタバレ

現在は、まだ映画「デスノートLight up the NEW world」は公開されていません。

なので、公開され次第ネタバレを追記していきたいと思います。

という訳で、今回の記事では映画「デスノートLight up the NEW world」のあらすじとネタバレ予想をご紹介します。

 

あらすじ

1e3d78c32d87ca5e673b651cc3e214e3

 

「L」VS「夜神月」の決着がついてから10年。

再び死神がデスノートを地球上にばらまき、世界中が混乱に陥る。

夜神総一郎が創立した「キラ対策本部」は「デスノート対策本部」と改名され、デスノートの事件が収束していた現在も存続していた。

 

夜神総一郎はいないにせよ、キラ事件に精通していた三島を筆頭に、唯一10年前のキラ事件を経験したいる松田と他5人と共に警視庁内に本部を構えている。

デスノートの被害は、ロシア、ウォール街そして渋谷で相次いで、世界的私立探偵にして「L」の正当な後継者が、「L」と同じ竜崎と名乗り、

彼が地上には6冊のデスノートが存在していると解明し、事件の真相を探る。

 

「デスノートの6冊ルール」というのが存在しているため、それを知る者達のデスノートの争奪戦が始まる。

 

そして、その矢先に「キラウイルス」と呼ばれるコンピューターウイルスが世界中に拡散されメッセージが転送されていた。

その内容は「他の所有者に告ぐ。速やかに私に差し出せ」と、デスノートの所有者に提出を呼びかけていた。

6冊のデスノートを所有したものが、世界を制することが出来る。

キラ復活を望む者、それを阻止しようとする者、キラになろうとする者たちのデスノートの争奪戦が、切って落とされる。

 

スポンサーリンク

 

ネタバレ予想

「デスノートの6冊ルール」というのは、地上に存在していいデスノートは6冊までだと考えている人が多いとは思うが、

実際は、それ以上デスノートが地上に存在することが出来る。

それは死神が所有しているデスノートは数に含まれないため。

 

たとえ、死神の所有しているデスノートが先着7番目に地上に姿を現したとしても、死神の所有するデスノートのため、効力は発揮される。

だが、その7冊目を人間が所有した場合は、デスノートの効力は失われるため、名前を書いたところで、効力はない。

 

これを利用すれば、映画でも面白い展開になりそうですね。

誰かが所有しているデスノートを、死神が所有していた7番目のデスノートとすり替え、

そのデスノートを所有者を欺くことが出来ます。

このような展開が、作中に組み込まれているかは分かりませんが、あれば面白いですね!

 

原作では、終盤の日本捜査本部に厳重に保管したデスノートは本物か偽物かははっきりしていません。

夜神月がすり替える隙はいくらでもあったからです。

ニアが日本捜査本部にあるノートを、事件終了後に燃やしましたが、それが偽物だった場合は、まだ地上のどこかに存在しているということに。

そして誰かが、それを拾えば、またリュークが帰ってくる。

これは原作者本人も語っていました。

 

 

映画でも誰かが1冊めのノートを拾ってから、リュークが現れ、

そこから面白そうということで、他の死神も集まってきたのなら、漫画に沿った展開みたいで面白いのですが(。

さすがに、このような展開には絶対にならないのですが(笑)

 

スポンサーリンク

 

予告映像では、菅田将暉さん演じる紫苑優輝が「夜神月は生きている」と語っていました。

言葉の綾なのか比喩なのかは分からないのですが、何らかの形で「夜神月」は存在していると言っているように思えます。

例えば「死神」になっていたとか。

デスノートを使ったものの末路が「死神」という考察は何度も見たことがあるので。

 

例えば、「夜神月」の意思は存在しているとか。

原作の最後では、キラに救われた人たちが、お祈りをするシーンがありましたが、そのような人たちを総じている物が「夜神月」だと揶揄しているのかもしれません。

 

予告映像で白い死神が写っているのですが、ネット上ではそれを「夜神月」なのではないか?と語る声も挙がっています。

個人的には、原作にも出てきた「シドウ」じゃん。と思っているのですが、真相はどうなることやら。

 

まとめ

まだ映画が公開されていないということで、ネタバレらしいネタバレは出来ませんでしたが、楽しんでいただけたでしょうか?

映画「デスノートLight up the NEW world」は、原作から10年後のお話ではなく、映画「デスノート the Last game」から10年後のお話です。

私のネタバレ予想では、原作に沿ってお話してしまいましたが、このような可能性もあったんだ、と思ってご覧になってもらえていたら幸いです。

 

それでは皆さんで、2016年10月29日に上映される映画「デスノートLight up the NEW world」を見に行きましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here