僕たちがやりましたの真犯人の正体は誰?目的と輪島との関係性は?

皆さんこんにちは!

ドラマ『僕たちがやりました』を楽しんでいるでしょうか?

まさかまさかの小阪パイセンそっくりの真犯人が登場しちゃいましたね!

 

今回の記事では、ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』小阪パイセンにそっくりな真犯人の正体が誰なのかについてご紹介していきます。

更に何故、真犯人が現れたのか、自首した目的と理由について、小阪パイセンや輪島との関係性についてもご紹介していきますので、最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

僕たちがやりましたのこれまでのあらすじ

『そこそこ』の人生を望む普通の高校生の増渕トビオ。

トビオの通う凡下高校と向かい合っているヤンキー高である矢波高校に目をつけられないようにひっそりと生活していく中、友達のマルが遠目に見えた矢波高の連中に暴言を吐いていた所、そこに通りがかった矢波高をまとめている市橋に見つかってしまい、トビオとマルは目をつけられてしまう。

 

 

スポッチャの帰り道、パイセンの車に乗り込もうとすると、1つのダンボールが置いてある。

中身を確認すると、そこにはぼろぼろになったマルが詰め込まれていた。

そしてトビオは矢波高に復讐しようと決心する。

 

爆破はお昼休みに決行。

次々に爆破ボタンを押して窓ガラスが割れる程度の爆発を起こし、矢波高が慌てふためく様子を屋上から笑い眺める4人。

パイセンが「顎のせ太郎」でボタンを一気に押し、そして大爆発。

 

本来であれば、そんな大爆発が起こり得る商品ではなかったのだが、その大爆発に矢波高の数人が巻き込まれてしまったのだった。

ここからトビオの逃亡生活が幕を開ける!

 

パイセンがプロパンガスの近くに爆弾を仕掛けたために大爆発が起き、そのことを口止めするべく、パイセンはトビオとマルと伊佐美にそれぞれ300万円を渡した。

伊佐美はそのまま学校に現れることはなく、パイセン、トビオ、マルの3人で海外に逃亡することを決めるが、マルはバックレる。

トビオは空港に到着すると、パイセンが警察に取り押さえられる姿を目撃し、パイセンを置いて帰り逃亡生活は続く。

 

マルと再び合流するが、300万円を盗まれトビオの財産はからっきし。

そして突然としてその逃亡生活に終止符が打たれる。

矢波高の爆破事件の真犯人と名乗る男が現れたのだった!

 

スポンサーリンク

 

僕やりの真犯人の正体は誰?

さてさて、この記事を見ているということは、ドラマ『僕たちがやりました』でパイセンそっくりの真犯人が登場したかと思います。

何が何度か分からないですよね?

ここからは原作『僕たちがやりました』でのネタバレをご紹介します。

ドラマと原作を比較するとところどころ違いはあると思いますが、ある程度流れは同じになっていると思います。

 

※ネタバレ注意

真犯人が現れたということで、パイセンは誤認逮捕ということで無事釈放されます。

トビオ、マル、伊佐美も同様に罪を追う心配はなく、ようやくいつもどおりの学校生活に戻りました。

今回の矢波高爆破事件はたまたま真犯人の犯行と同じ日に被っていただけだったのです!

 

そうだと思ったのですが、本当の犯人はパイセンでした。

 

何故、真犯人が現れたのか?

犯人はパイセン達という事実は変わりません。

それなのに何故、この真犯人を名乗る男は警察に自首をしたのでしょう?

 

この真犯人の自首は、実は裏で指示を出した人物がいるのです。

その裏で動いている人物の正体というのは『輪島宗十郎』です。

 

 

正確に言えば、輪島宗十郎が動かしたのではなく、輪島宗十郎の部下が真犯人を動かしました。

実際、輪島宗十郎はこんなことが起こっているのは知りもしていませんでした。(原作だと)

 

では何故、輪島宗十郎の部下が真犯人を自首させたのでしょうか?

理由は簡単で、輪島宗十郎と小阪パイセンが親子だからです。

小阪パイセンが逮捕され、世間に親子だとバレてしまえば社長である輪島宗十郎の名前に傷がつく。

それをしないために、輪島宗十郎の部下が独断で真犯人を用意したのです。

ただ、警察が真犯人を信じてくれるかどうか。

これも問題ありません。

お金で全て解決してありますから。

輪島宗十郎の部下は警察の上部にいる方々に多額なお金を握らせ、真犯人を真犯人として受け入れさせたのです。

完全に警察とグルですね。

 

 

これが真犯人が真犯人となった理由です。

ただ、真犯人はこのままだと逮捕されてしまいます。

普通に考えて、真犯人も何かメリットがなければこんなことはしないはずです。

そこにはきちんとした目的があります。

スポンサーリンク

真犯人の目的

ボランティアで刑務所に入ろうなんて人はいないでしょう。

当然、真犯人も目的があって真犯人となったのです。

 

もともと真犯人は『ホームレス』です。

だけど嫁も子供もいる。

そんな真犯人になった男に、輪島宗十郎の部下が

『真犯人になれば、家族は救ってやる』

的なやりとりをして、ホームレス男は整形をして真犯人にへとなったのです。

 

家族を守るために、自分が犠牲になったということですね。

 

なので、小阪パイセンや輪島宗十郎との関係性は全くありません。

似てるから兄弟かな?と思った人もいるかもしれませんが『整形』です。

 

これが真犯人が現れた全貌です。

もしわかりづらい所があれば、コメントいただければ教えますので、気軽にコメントして下さいね!

 

僕たちがやりましたを電子書籍で読もう!

コミックにこだわらずに

「1円でも安く買いたい!」

という方は電子書籍で読んだほうが断然お得!

特に20〜50%OFFやポイント還元といったなにかしらのキャンペーンを常に実施している『ebookjapan』が非常にオススメ!



50倍のポイント付与といった超お得なキャンペーンも実施していることもあったり、

「新刊オート便」という機能で新刊を購入するとポイントが5倍になったりします。

漫画やライトノベルなどを購入する度にポイントが貯まっていくので、普通に単行本を買うよりもずっとお得!

↓   ↓   ↓

僕たちがやりましたを電子書籍で読もう!

さらにドラマ放送中は、『僕たちがやりました』の全巻セットが20%OFFとなっているのでこの機会に是非お買い求め下しさいね!

 

コミックは買えば買うほどに置き場に困ってしまうことがありますが、

電子書籍はコミックとは違って、一つの画面でいくつもの作品を楽しむことが出来るため、置き場に困ることは一切ありませんよ。

登録だけなら無料ですので、悩んでいる方は登録だけでもしてしまいましょう!

 

僕たちがやりました(僕やり)の動画を視聴する方法は?見逃し配信が無料!

『僕たちがやりました(僕やり)』は、

動画配信サービス『フジテレビオンデマンド』で無料視聴や見逃し配信を行っています!

なんと今フジテレビオンデマンドでは、登録後の初月はドラマを無料でお試しいただくことが可能になるキャンペーンを実施しているため、非常にオススメです(^o^)

フジテレビオンデマンド』の場合、月9やフジテレビドラマの見逃し配信、更には人気過去作品など様々なタイトルを視聴することが出来るのです!!



ネット上にはアニメを無料視聴できる『違法アップロード』のサイトが数多く存在していますが、

『違法アップロード』されている動画は違法です。

 

・デイリーモーション(Dailymotion)

・ユーチューブ(YouTube)

とかが『違法アップロード』されている動画が配信されていますが絶対に視聴しないことです。

法律では今のところ違法ではないのですが、

有料で配信されているものなら、当然お金を払って視聴している方もいるので、違法ではないにしろ倫理上は好ましくないということです。

なので、今回ご紹介した『フジテレビオンデマンド』のような『公式』の動画配信サイトから観ると100%安心ですよ(*´ω`*)

 

僕も登録して初月の無料キャンペーンを試してみたのですが、その期間中は多くのドラマ視聴を『高画質』で楽しんで、

そして超簡単に解約することが出来たので、最初から最後まで安心安全でした!

 

ドラマは『僕たちがやりました』以外にも、

・いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

・リッチマン、プアウーマン

とかとか、

この他にも放送されたばかりのフジテレビドタマの最新話が配信されるので、

『フジテレビオンデマンド』の無料期間は本当にオススメ!

 

※『初月無料キャンペーン』はいつまで続くかは分からない!

 

『フジテレビオンデマンド』はいつでも解約できますし、無料期間中にも解約が可能となっています。

無料期間中に解約すれば、当然料金は発生しません!

なので、このお得な期間中に登録しておいて損はないですよ(*´ω`*)


それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here