僕やり4話の最後に自首したRG(オラ)の正体は誰?真犯人の目的は?

皆さんこんにちは!

ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』も中盤に差し掛かり、怒号の展開を見せ始めてきましたね。

ヤング役がまさかの桐山漣さんということで、面白かったのですが、やっぱりトビオのケツを掘るシーンもちゃんと再現されちゃったか笑

そして4話の最後には、矢波高爆破事件の犯人を名乗る謎の男が登場しましたね。

 

さて今回の記事では、僕やり4話の最後に出頭したレイザーラモンRG(オラ)の正体についてご紹介していきます。

さらに、目的や輪島宗十郎との関係性にも触れていきますので、最後までゆっくりとご覧になってくださいね。

 

Sponsored Links

 

僕やり4話のあらすじ。

トビオは今宵ちゃんの家から飛び降り、市橋たちから逃げることに成功し、

再び逃亡生活が幕を開けました。

伊佐美と合流し、矢波高の先生の家に侵入して、証拠をつかもうとするが、

逆に自分たちが犯人である証拠を見つけてしまい、トビオと伊佐美は絶望の淵に。

 

トビオと伊佐美ははぐれ、トビオは一人、生まれて初めて『残飯』を食べてしまう。

「今日が人生最悪の日でありますように」

と。

 

市橋は蓮子と会い、トビオたちへの復讐心を蓮子にぶつける。

そして、

「市橋は殺すために、私は告るために。」

そう決心し、二人はトビオを協力して探すことになる。

 

トビオはヤングという頼れるホームレスのパイセンと出会うのだが、

まさかまさかのそっち系の人で、危うくケツを掘られてしまいそうになる。

 

そして最後に、謎のパイセン似の男であるレイザーラモンRGが出頭したのだった。

 

Sponsored Links

 

僕やり5話のネタバレ!RGの正体は誰?

ドラマと原作とで、話の展開が変わってきたのかな?と思っていたのですが、

ここにきて、原作の話と同じになってきて非常に嬉しかったです。

まさかパイセン似の謎の男がレイザーラモンRGさんが務めることになっているとは笑

 

さて、原作を読んでいない方はこの展開に度肝を抜かれたかと思います。

あのパソコンにはマスクを被ったパイセンらしき人物が表示されているのですが、

結局、真犯人はパイセンではなかったということになるのでしょうか?

 

答えは否!断じて否!であります!

 

犯人はパイセンやトビオたちで間違いはないのです。

では、出頭してきた謎の男・真犯人RGは一体誰なのでしょうか?

答えは、真犯人RGは輪島宗十郎の弁護士が送り込んだ男なのです!

 

パイセンの無実を証明するために、輪島宗十郎の弁護士がパイセン似の男を連れてきた。

正確に言えば、パイセン似に整形して出頭させたのです。

その男の正体としては、家族を持ちだけどお金がない。

ならばと、輪島宗十郎の弁護士は、

「整形して出頭すれば家族が生きれるだけのお金を払う」

と、そう約束しRGを出頭させたのです。

 

WinWinというやつです。

 

ですが何故、輪島宗十郎がパイセンを救おうとしているのでしょうか?

答えは簡単です。

輪島宗十郎がパイセンのお父さんだからです。

輪島宗十郎はいわば、『風俗界』のボスです。

もし仮に、輪島宗十郎の子供が逮捕されたと知られれば、輪島宗十郎の顔が立たなくなってしまいます。

そこで、輪島宗十郎の弁護士が隠密行動を取り、パイセンを救い、輪島宗十郎を救ったのです。

本当、優秀ですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here