ブラッククローバーの最新巻9巻の発売日はいつ?ネタバレも紹介

週刊少年ジャンプで連載中の漫画「ブラッククローバー」の8巻が2016年10月4日に発売されました。

海底神殿編もクライマックスに近づいてきて、先の展開が気になって眠れませんね!

 

さて今回の記事では、ブラッククローバーの最新巻9巻の発売をご紹介していきたいと思います。

さらに、簡単なネタバレもご用意しましたので最後までゆっくりとご覧になって下さいね

 

スポンサーリンク

 

ブラッククローバーの最新巻9巻の発売日はいつ?

ブラッククローバーの8巻は2016年10月4日に発売されました。

さて、その次のブラッククローバーの最新巻9巻はいつ頃発売するのでしょうか?

普通に考えれば2ヶ月後、3ヶ月後が発売日だと考える人が多いとは思うのですが、

 

そんな簡単に決めつけてしまうのも、申し訳ないです。

 

なので、

「最近のブラッククローバーの単行本の発売日」と、

「週刊少年ジャンプで掲載されて、まだ単行本に収録されていない話数(ストック数)」

を参考にして、ブラッククローバーの最新巻9巻の発売日を予想してみたいと思います。

 

それでは、最近のブラッククローバーの発売日の傾向を見てみましょう。

1巻:2015年6月4日(木曜日)

2巻:2015年8月4日(火曜日)

3巻:2015年10月2日(金曜日)

4巻:2015年12月4日(金曜日)

5巻:2016年3月4日(金曜日)

6巻:2016年5月2日(月曜日)

7巻:2016年8月4日(木曜日)

8巻:2016年10月4日(火曜日)

 

単行本の発売日の傾向を見てみると「4日」に発売される傾向があることが分かります。

これは頭のなかにとりあえず入れておきましょう。

 

次は、週間少年ジャンプで掲載され、まだ単行本に収録されていないストック話数を参考に発売日を予想していきたいと思います。

 

2016年9月25日現在では週刊少年ジャンプでブラッククローバーは79話まで掲載されています。

8巻が発売された時には80話までが掲載されました。

そして単行本8巻には71話までが収録される予定です。

そうすると、ストック数は8話。

 

8巻が発売されて2ヶ月後に9巻が発売される場合。

週刊少年ジャンプでは88話まで掲載予定(休載がなければ)。

ストック数17話(9巻に9話収録される場合、ストック数9話)

 

8巻が発売されて3ヶ月後に9巻が発売される場合。

週刊少年ジャンプでは93話まで掲載予定(休載がなければ)。

ストック数22話(9巻に9話収録される場合、ストック数14話)

 

 

スポンサーリンク

 

8巻が発売された頃には8話のストック数がありました。

このことから、単純に考えてこの数字に一番近いのは「8巻が発売されてから2ヶ月後に9巻が発売される場合」です。

なので、ブラッククローバーの9巻は8巻が発売されてから2ヶ月後に発売される可能性があります。

 

先ほどの「最近の単行本の発売日の傾向」を見ても分かる通り、

「4日」に発売される傾向にあると判断しました。

 

つまり、ブラッククローバーの最新巻9巻の発売日は、

2016年12月4日に発売されます!

と言おうと思ったのですが、12月4日は日曜日でした。

基本的に、週刊少年ジャンプの単行本は休日には発売されません。

それはブラッククローバーの単行本の発売日の傾向を見てもわかると思います。

 

なので、発売日はずれて月曜日もしくは金曜日に発売されます。

また、最近の単行本の発売日を見てほしいのですが、「金曜日」に多く発売されている事がわかります。

 

ということで、一番発売日として可能性が高いのは

2016年12月2日に発売される可能性が一番高いと予想します!

あくまでも予想なので、ご了承ください。

 

スポンサーリンク

 

ブラッククローバーの9巻の簡単なネタバレ

ついに、ぼろぼろになっても最後まで仲間を信じたアスタの剣がヴェットの胸を貫く。

ヴェットの魔力が消えて、ようやく、今度こそ勝ったことを確信する事ができた仲間たち。

 

 

ヴェットがいきなり動き出さないように、皆で拘束しようとするけれど、ヴェットは過去に人間によって受けた心の傷を思い出し、倒れていながらも異質な魔力を作り出す。

個々にある神殿をすべて吹き飛ばすほどの魔力が開放され、焦る面々。

ヴェットは自爆覚悟で、全ての魔力を貯め始める。

 

諦めると思われたアスタたちは、もう一度ヴェットを倒すべき動き出そうとした、その時、

閉じ込められていたはずのヤミ団長が姿を現す。

 

ヤミ団長とともに、アスタも戦おうとするが、「あんなもんオレ一人で十分だ」と言われ、後を任せる。

まさに美味しいところどりってとこですね。

1

ヤミ団長は、圧倒されること無く前だけを見据えていた。

閉じ込められて、追いつめられたからこそ、ヤミ団長はまたまた更に強くなり、ここにきて新しい魔法を覚える。

次元ごと叩き切る、闇魔法『闇纏・次元斬り』を繰り出し、今度こそ、ヴェットを仕留める。

 

以上、簡単なネタバレでした。

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here