「黒子のバスケ」舞台化!小野賢章さんが黒子役に決定!火神役は…?

2009年から連載し2014年に連載終了(全30巻)をした人気漫画「黒子のバスケが」舞台化されることなりました。

明らかになったキャストは現在2名です。

 

スポンサーリンク

 

主人公の黒子テツヤ役は、アニメでも声を担当した小野賢章さん。

黒子テツヤは影が薄く、手品でよく使われるミスディレクションを組み合わせたパスに特化した選手です。「僕は影だ」とコート上から存在感を消し、パスだけをしチームを勝利に導きます。

無題

出典:http://www.cinematoday.jp/page/N0079064

 

そして、もう一人の主人公火神大我役はパフォーマンスユニット「TOKYO流星群」の安里勇哉さんです。様々な舞台に出演されている方で有名な作品は「弱虫ペダルで、寒咲通司役です。

火神大我は、跳躍力が優れた選手で、10年に一人の逸材と言われるきせきの世代と張り合える唯一の選手。ダンクの迫力が凄まじいので、それを舞台でどう表現するのか見ものですね。

 

無題

出典:http://natalie.mu/comic/news/157824

 

キセキの世代や誠凛のキャストが気になるところですね。キセキの世代の高校は全て出るのでしょうか?最初は桐皇高校戦までぐらいでしょうか?

詳細が早く気になりますね。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here