秋葉原の火災・火事の原因や理由は?火元と被害範囲の影響は?

2017年2月7日に、東京秋葉原にて大規模な火災が発生しました。

周辺にいた人たちがその状況を写真に収めて、SNSに投稿したことで、話題を呼びました。

 

さて今回の記事では、秋葉原の火災・カジノ原因や理由についてご紹介していこうと思います。

更に、火元や被害範囲の影響についても触れていきたいと思いますので、最後までゆっくりとご覧になって下さい。

 

Sponsored Links

 

秋葉原の火災・火事の詳細。

 


写真を見ても分かる通り、煙が充満していることがわかります。

範囲はそこまで広くはないと思いますが、それでもこの様子をSNSに投稿した方は、「煙い」と仰っているので、それなりに燃えていたことは確かです。

 

秋葉原の火災・火事の理由と原因について。

さて、何故秋葉原に火災が発生したのでしょうか?

今のところは、原因や理由は詳細に明らかにはなっていません。

 

消火活動が終了の後に、その原因は捜査で判明していくはずですので、続報をお待ち下さい。

火元に関しては、次の見出でご説明します。

 

Sponsored Links

 

秋葉原の火災の火元や被害状況は?

火災の原因ははっきりしていませんが、火元に関してはだいたいの予想を立てることが出来ます。

火災が発生した場所は、『メイド通り、東京都千代田区外神田 メロンブックス(コトブキヤ)付近』という情報が、SNS内で話題となりました。

 

以前、新潟県糸魚川で発生した大規模な火災では、1日中燃え広がっていました。

火元は、1つの中華料理店だったそうです。

その中華料理店は、目を離した隙きに火が発生し、近隣の住宅から住宅にへと火が燃え移りました。

 

秋葉原メロンブックス付近の火災は、建物に燃え広がることはなく収束したそうなので、それだけは良かったです。

怪我人がいるかどうかは定かではありませんが、怪我人0という続報が耳に入ることを心から祈っております。

糸魚川市での火災では怪我人はいなかったので、今回もそうであると願いたいです。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here