8.6秒バズーカの消えた理由と現在は?今はDJの仕事をしている?

2015年に大ブレイクを果たした、ラッスンゴレライでお馴染みの『8.6秒バズーカ』

今や時の人となった8.6秒バズーカの二人ですが、現在ではテレビ出演はほとんど皆無となり、一体現在は何の仕事をしているのでしょうか?

 

今回の記事では、8.6秒バズーカの消えた理由と現在についてご紹介していきたいと思います。

最後までゆっくりとご覧になって下さいね!

 

スポンサーリンク

 

8.6秒バズーカの消えた理由は?

86

8.6秒バズーカが消えた理由としては、やはり『1発屋』だったからでしょう。

そもそもこの言葉は、一度大ブレイクした人が日に日に出演本数が減り、終いにはテレビ出演すらなくなってしまうという意味なのですが、そんな芸人さんが過去に多く存在していたため、8.6秒バズーカは最初から『1発屋』という肩書きを無意識に背負う羽目になったのです。

 

こういうイメージはやはり払拭するのは難しく、過去の1発屋芸人たちと同じようにラッスンゴレライだけがブレイクして飽きられて、終息してしまいました。

ラッスンゴレライがブレイクして、それに調子づかないで新たなネタを作っていたのですが、それもイマイチ。

『弁当シェケナベイベー』がラッスンゴレライに続く新ネタだったのですが、駄目だったみたいですね。

 

個人的にはラッスンゴレライですら何が面白かったのか理解することができなかったのですが、それでも多くの人にウケていたことを考えると、素直に凄いことなんだなと感じていました。

 

消えた理由としては、今までの1発屋芸人と同じで「飽きられた」

8.6秒バズーカは解散説とかもなく、普通に現在でも活動はしています。

売れなくなったから芸能界を引退するというような覚悟ではないということです。

新たなブレイクを目指して、孤軍奮闘中なのですね。

孤軍と言っても二人での活動なので、この言葉は当てはまらないかもしれませんが、2人で1つと考えるのならば『孤軍奮闘』もあながち間違った表現でもないのかもしれませんね。

 

解散説がないのも1つ理由があります。

私もリアルタイムで視聴していたのですが、『人間観察バラエティ。モニタリング』での出来事。

田中シングルが仕掛け人となって、「南海キャンディーズ」のしずちゃんと結婚をするから解散しようと持ちかけたのですが、はまやねんは「お前と二人でやれないなら、俺も芸人はやめる。1発屋と言われているのなら、もう一度ブレイクしよう」的なニュアンスの言葉を田中シングルに熱くぶつけました。

なんと言っていたのか曖昧だったのですが、とても熱い友情が伺え、田中シングルは仕掛け人ながらも涙をしていました。

そんな熱いコンビ愛があるからこそ、彼らは消えたと言われている今でも『何か』を頑張っているのです。

 

その『何か』はこれからご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

8.6秒バズーカの現在は?DJの仕事をしている?

それでは、消えたと言われている8.6秒バズーカの現在の仕事をご紹介します。

テレビ情報なのですが、私の知る限りでは、8.6秒バズーカは『DJ』の仕事を現在はしているところを拝見しました。

2016年11月20日に放送された『あるある議事堂』で8.6秒バズーカの現在が明らかとなり、この日は『DJ』を職業とするゲスト陣が出演し様々なことを告白しました。

8.6秒バズーカは、大ブレイクのきっかけとなったラッスンゴレライを披露することはなかったです。

ゲストのDJ KAORIさんという方が8.6秒バズーカが最近は『DJ』をやっていると明かしました。

 

他にも仕事としては、地方への営業だったりをしているとは思いますが、

その時にラッスンゴレライだけではカサが少ないので、それで新たに『DJ』という武器を取り入れたのでは?と思っています。

 

今回の『DJ』という仕事で、再び芸能界に戻ってくることが出来るのか?

もしかしたら、オリエンタルラジオさんみたいに何度もブレイクするという形が取れる可能性だってまだまだあります。

この『DJ』ネタがヒットして、紅白出場を決めることが出来たら、それはそれでますます応援したくなってきますね!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here