福岡4億円強奪の犯人は韓国人?銀行員と被害者が共犯者という噂も。

2017年4月20日に、大きな事件が話題となりました。

それは福岡県福岡市中央区の駐車場で、銀器腕引き出されたばかりの厳禁30ク8000万円あまりが強奪されてしまったというものです。

速報で、福岡空港にて多額の現金を所持していた犯人と思われる韓国人男性を警察が確保したということで、詳しい関連情報を調べているそうです。

 

さて今回の記事では、今回の事件にはまず間違いなく日本人の『共犯』がいるはずなので、それがどのような人なのかについて考察していこうかと思います。

最後までゆっくりとご覧になって下さい。

Sponsored Links

福岡の4億円強奪事件の詳細。

まずは、4億円強奪事件の詳細を御覧ください。

オフィスビルや商業施設などが密集する福岡市最大の繁華街、天神地区で20日、銀行から引き出したばかりの現金3億8400万円が男らに奪われた強盗傷害事件。

引用:ヤフーニュース

そして速報で、福岡空港にて多額の現金を所持していた韓国人男性が確保されたとの情報が入りました。

 

福岡4億円事件の共犯者は誰?

さて、今回の事件は非常に気がかりな点が多く見受けられました。

 

・何故、会社員男性が4億円近く引き出すことを韓国人男性が知っていたのか?

・会社員男性が何故一人で多額の現金を移動していたのか?

 

他にもいくつか気がかりな点はありますが、この2つが特に不思議です。

まず、今回の犯行は『計画的犯行』と見て間違いありません。

ふと4億円という大金を見つけて、その場で考えて実行という方はいませんからね。

あらかじめ計画を立てて、会社員男性が4億円近くの大金を引き出し、駐車場にまで運んだタイミングで強奪という算段だったのでしょう。

 

Sponsored Links

 

つまり、会社員男性が4億円を引き出すことを韓国人男性はあらかじめ知っていたということです。

これは『銀行員』に共犯者がいるかもしれないという可能性が生まれます。

銀行員は会社員男性が4億円を引き出すことを事前に連絡をもらっているでしょうから、その情報を韓国人男性に流したという可能性があります。

 

ただ普通、会社員男性もそれだけの多額の現金を直に持って車で移動しようとしていたのなら、護衛とかをつけるべきところですが、これが不思議と誰も近くには付いていなかったそうです。

そのことで、Twitterなどでは被害者である会社員男性も『共犯』なのでは?という声が上がっています。

ですが、会社員男性が共犯だったとしたらわざわざ警察に連絡はしませんよね?

なので、会社員男性が『共犯者』ということはないでしょう。

 

以上のことから、本当に少ない情報から導き出された答えは、
『銀行員』の誰かが『共犯者』という可能性もあるかもしれない。

という結論に至りました。

もちろん、絶対というわけではありません。

これしか情報がないので、確証はありませんが参考までに頭の片隅にでも入れておくか、聞き流していって下さい。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here