1万円札の廃止はなぜ?理由や時期はいつ?メリットやデメリットは?

皆さんこんにちは!

 

現在、1万円札と5千円札の廃止が世間を騒がせています。

一体どうして1万円札と5千円札が廃止となってしまうのでしょうか?

 

今回の記事では、

・1万円札と5千円札の廃止理由

・廃止時期はいつ?

・メリットやデメリット

についてご紹介していきたいと思います。

最後までゆっくりとご覧位なってくださいね!

 

スポンサーリンク

 

1万円札の廃止に関する詳細

日本は高額紙幣を廃止すべきである――そんな主張が、秋頃から海外から相次いでいる。口火を切ったのはマクロ経済学の大家で米ハーバード大学のケネス・ロゴフ教授。自著で、5~7年かけて1万円札と5000円札を廃止することで、「レスキャッシュ社会(現金割合の少ない社会)」を実現することを日本に提案したのだ。

引用:ヤフーニュース

 

高額紙幣、つまりは1万円札と5千円札の廃止について提案されました。

これは日本政府内でも検討を進めている段階にあるといいます。

私たちにとって1万円札と5千円札は、今でこそ当たり前のものになってしまっていますが、

この当たり前がなくなった時、日本は一体どうなってしまうのでしょうか?

 

1万円札の廃止理由は?

それでは、一体なぜ高額紙幣を廃止なんていうことになっているのでしょうか?

普通に考えたら、1万円札と5千円札がなくなってしまえば、お会計が非常に大変なものになってしまいますよね?

飲み会で幹事がお金を集める際に、全部が千円札だけだと数えるのも大変ですし、普通に数え間違いが多くなってしまう可能性も出てきます。

 

未だ日本はクレジットカードを持つ人が少なく、現金主義なところがあるため、

「今すぐに廃止だ!」

なんてことになれば混乱をきたしてしまいます。

 

そんな状況であるのにもかかわらず、では一体なぜ高額紙幣の廃止になんてなっているのでしょうか?

恐らくですが、この日本の「現金主義」が一番の理由になっているのではないでしょうか?

まあわたし的には現金で支払って何が悪いという感想しか出ませんけれど笑

 

高額紙幣をなくすことで電子マネーやクレジットカードを使いましょうという意味も含まれているんでしょうね。

わざわざ先進国の真似事をしなくてもいいじゃないですか笑

 

結局は「実態は『検討チーム』ではなく、一部の官僚による非公式な勉強会に近い可能性もある

なので、まだまだ決定事項ではないですね。

 

スポンサーリンク

 

1万円札廃止時期はいつ頃?

こちらの記事では、5〜7年をめどに高額紙幣の廃止を検討していると記載されています。

1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか?

 

ただ、そのぐらいのスパンをかけて1万円札や5千円札を廃止したところで、日本の現金主義はさほど変わらない気がします。

なければないで、カードや電子マネーを使わない方は、千円札のみで生活することもできますしね。

だいぶ不便にはなりますし。

 

こうやって不便にさせることで、クレジットカードや電子マネーに移行させようってことなんですかね?

 

これ実は、米国やカナダ、オーストラリアも廃止を検討しているようですよ。

シンガポールやインドが成功しちゃったから、我々もやってみよう!って感じですかね?

 

 

メリットやデメリットは?

それでは、ツイッターの意見を見てみましょう。

 

 

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。


合わせて読みたいオススメ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here